トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月28日 (金)

塩竃社

京の台所と呼ばれている錦小路を東へ突き当たったところに錦天満宮がある。
伝承によれば長保年間(999~1004)に菅原道真の旧邸である菅原院の旧殿を源融(嵯峨天皇皇子)の六条河原院に移して歓喜寺として、そこに道真の霊を祀って鎮守社としたのが始まりで、その後秀吉によって現在の場所に移され、その時に寺内の天満宮が錦の東端にあたったことから錦天満宮と呼ばれるようになったと言われる。
名水の天満宮としても有名なこの本社の北におかれているのが塩竈社
祭神は源融。彼は邸内に陸奥国の塩竃の様子をつくりだし、毎月難波から潮水を運び、塩を焼く煙を絶やさず風情を楽しんだと言われている。
6・7年前に森浩一先生と新京極を歩いていたとき、何げなく入った錦天満宮で教えてもらったこと
歴史遺産はいつも目の前にある。そして
9世紀の人たちにとって塩竃は普通の情報だったということ。「昔」に対する先入観を取り払わなければならない好例とも。

久しぶりに時間ができたので、ゆっくり錦をあるいたら、鯉旨煮が目に付いた。長野県人としては懐かしい料理だが、関西の人は川魚を食べないと思っていたので少しびっくり。
とは言え、信長頃の料理の最上級のひとつが鯉だったようで、江戸時代の大坂の記録には、今の鴻池あたりに深野池があって、そこで鯉をとって大坂に売りにいっていたそうなので、大坂の人も川魚を食べなかったわけではないようで
琵琶湖の川エビも季節とのこと

ところで四条河原町周辺で名水が湧くということの意味も考えてみなくては

2005年1月26日 (水)

七条町幻影

高層ビルの建ち並ぶ京都駅前もまた、歴史の濃いところ。
とくに今年のNHKの大河ドラマの時代は、ここがある意味で京都の中心地だったからなおさら。
西に平家の西八条第があり、東に八条院女御の御所があり、そのふたつの大勢力にはさまれたここには、さまざまな種類の職人や芸能民や商人や高利貸しなどが、繁華街をつくっていた。日本最大と言って良いと思う。
その中心は七条通りと新町通りの交差点
今はその面影を知るすべもない
けれども遺跡は、しっかりその見方を学べば
見えない過去を甦らせてくれる
考古や文献や地理やいろいろな情報をまとめて説明する方法。現代社会を説明するためにも有効な方法
4月からいよいよ発動
画面を上る道は、その新町通りの東をはしる室町小路
この道をずっと北に歩けば寒梅館の西の入り口
京都は歴史がつながっていることを体感させてくれるところでもある

2005年1月25日 (火)

文化情報学部の受験生の皆さんへ

文化情報学部の志願者数が確定しました。
受験生のみなさん。
入学後は、私もみなさんを新しい時代へ案内する一員としてがんばります。
風邪をひかないように、注意して
受験がんばってください。

2005年1月24日 (月)

太閤と大王

現在の大阪歴史博物館の建っているところは、上町台地と呼ばれる丘陵の上である。隣には府警本部がおかれ、ビルが建ち並ぶ大阪市内随一のオフィス地区。
しかしこの場所が大阪で最も歴史遺産の密集した場所であることはあまり知られていない。
写真の手前に見えるのは古墳時代の建物で、その頃としては日本列島で最大規模をもった倉庫群のひとつ。
その向こうに見えるのは、ご存じ大阪城。最初は秀吉がつくり、現在の石垣は、その後に徳川が作り直したもの。
さらに、この写真の右手には古代宮都を代表する難波宮がある。
古墳時代以来の最高権力者が最も望んだ場所がここだったと言える。
そして現在その場所に大阪府庁が建っている。これも歴史のなせるわざであろうか。

2005年1月21日 (金)

雪の比叡山

今日の京都は雪でした。
この時期の京都といえば、想い出す曲が、『北山杉』と『比叡おろし』。
寒風の中、京都の街をあるくと、いつのまにか口ずさんでいます。京都という街は、曲のイメージが絵になりやすい空間なのでしょうか。
そう言えば、12日に岩倉へ行ったときも雪が降っていました。京都駅を出るときは、少し雨模様だったのが、四条で晴れ間が見えたと思ったら、岩倉では雪。今出川へ戻ると小雨に雪が混じる程度。
冬の京都は、一日でいくつもの気候を体験できる不思議な空間です。
そんなことを考えながら、古代や中世の京都に思いを巡らせると、当時の岩倉や今出川のあたり(上京)や四条以南(下京)の人たちは、今以上に違った生活空間に生きていたような気がします。
平安時代のおわりにできる上の町と下の町といった空間や室町時代にできる上京や下京といった空間は、その意味でとても自然なものだったのかもしれません。
だから古代・中世のさまざまな記録や遺跡などは、それが記された時の、その時の生活環境をふまえて読み解かないといけないと思います。
GISから歴史を読み解くまたひとつのテーマです。
ところで、そんな京都の中の異空間を桓武天皇以来ひとつにしたのが、秀吉の土居堀になります。そうであるならば、それはこれまで考えられている以上に大きな意味をもっているような。彼は何を考えて土居堀の範囲を決めたのでしょうか?

2005年1月20日 (木)

100年記念会館と大学カフェ

神戸大学へ講義に行く。神戸大学はJR六甲を北に登った六甲山麓の斜面にある。登るのは大変だが、登ってしまえば、そこから見渡す神戸の風景は最高である。
なかでも100年記念会館のエントランスから見る風景は、あたかも絵画のごとく、あるいは映画のスクリーンに映し出された1シーンのごとく。芸術的とも言える。
今出川へ戻って寒梅館で遅い昼食をとりながら、イケメン店長と打ち合わせをしたり、R3でメールのチェックをしたり。
年末で新町の調査事務所が閉まってから、今出川での居場所はすっかりこのイケメンカフェ。遺跡の活きる寒梅館は過去と現在が見事にマッチした京都の新名所です。
上京区役所で打ち合わせの後、京都市へまわって、夕暮れが迫る頃現代GPの打ち合わせで京大へ。場所は正門を入った直ぐのカフェ。そこがまた粋な感じの空間で、カウンターバーの向こうに並ぶボトルを横目に、カプチーノを飲む。
大学はどんどん変わっています。
今日はその3つを駆け足でまわってきたことになった。

2005年1月19日 (水)

平忠盛

本日は、コンソーシアム京都で「遺跡が語る京都の歴史」で二つの話をしたあと、「特殊演習(歴史遺産活用)」の関係で知恩院へ。
京都駅から206に乗って祇園で下りるとちょっと雨がぱらついていて、さてどうしようかな、と思いながら石段を登る。
八坂神社にはなにかとお世話になっているけれども、今年になっては、ようやくの参詣。反省気味に円山公園へ抜ける途中で見かけたのが、この灯籠。
白河法王が平忠盛を伴にして祇園女御を訪れようとこの近くを通った時にある事件に遭遇したそうであるが、それにちなむものと伝える。
一昨年の暮れから、平清盛とのつきあいが浅からぬものとなっていて、今年はNHKの大河で義経をやっているし、これもなにかの縁かと・・・
そのつもりになれば、いたるところに歴史がころがっている。
4月からはGPSも持ってあるかないといけいないなあと思いながら、知恩院の石段を駆け上がると、中段ほどで足が重くなって愕然
4月からは体力作りもしないと・・・
4時から大阪で「けいはんな」関係の会議。場所は心斎橋。都会のど真ん中。けれども、秀吉の時代のちょっと前には、このあたりには海岸がひろがっていたとも。
最近はどこへ行っても、現実世界をいつも複数の時間のレイヤーで見るようになってきていて、良いのやら悪いのやら

2005年1月18日 (火)

秋学期が終わっていきます

本日で、考古学実習と特殊演習の授業が終わりました。今年の考古学実習は、考古学資料を歴史史料にするための様々な方法と考え方の今後の発展の試みとして、数量化・デジタル化の実験を多くおこないました。遺跡の平板測量の結果をデジタルトレースした後に3Dポリゴン化して、建物の復原を考えてみたり、遺物の数量化による多変量解析分類の検討をしてみたり。実物の丸太を使って、年輪を測る実験もしました。来年度は、さらにこの動きを加速させます。
特殊演習では、京都と大阪の歴史遺産のマルチメディアを利用した新しい形の活用を考えてもらい、それを2つのコンテンツにまとめあげました。いずれ、なんらかの形で公開する予定です。
両方の授業ともに2回生が中心ですが、みんなすごい力を発揮してくれました。
今時の若者はたいしたもんです。
ローム大賞プロデュースの方は、メールで日程調整をおこない、第1回目の正式会議の日程が固まりました。
それから、学生スタッフのみなさんは、このイベントのプロデュースをすすめるにあたってどんな力が要ったかを考えていってください。

2005年1月17日 (月)

同志社ローム記念館プロジェクト大賞プロジェクト始動

同志社大学京田辺キャンパスの正門を入って直ぐ右手に建っている建物が同志社ローム記念館です。ここは学生さんたちが様々なプロジェクトを推進する基地です。
3月の中旬に、この1年間すすめてきたプロジェクトの成果を讃え、さらに今後の進展を励ますイベントが行われます。
現在そのイベントの準備も始まっています。
準備をすすめるのも、同志社の学生さんたちです。
年末から数回のディスカッションを経て、現在大体のイメージができてきました。
来週は、このイメージに対して、プロの方からアドバイスをいただく予定です。
このプロジェクトの中身もそうですが、このプロジェクトをプロデュースすることで、学生さん達がどのくらい成長するかがとても楽しみです。
風邪がはやっているようですが、気をつけてがんばりましょう。

2005年1月16日 (日)

ブログを始めます

遺跡にまつわる日々の記録や
遺跡にまつわらない日々の記録を
載せていきたいと思います

トップページ | 2005年2月 »