« 堺筋本町 | トップページ | 飛鳥京 »

2005年2月26日 (土)

出雲路

現在は賀茂川の西で、北区と上京区の境一帯にあたるという。しかし「和名抄」によれば、愛宕(おたぎ)郡出雲郷は賀茂川の両岸にあったとされ、ここが奈良時代に遡り、出雲から移住してきた人々によってつくられた中心地だったことが知られている。京都市内で平安時代を遡る数少ない歴史の場所である。
その後出雲路は鞍馬街道(丹波街道)にとっての京都の入り口とされ、平安時代後半には、現在の上御霊神社あたりにあったと思われる出雲寺で京内でおこった疫病の御霊会がなされている。今宮神社が北の異界の地との境界線であったのと同じ役割だろう。
話が前後するが、出雲の人々がこの地を中心地とした理由のひとつが、そういったこの地の交通との関係だったとも思われ、その意味で今昔物語にでてくる「上津出雲寺」の「上津」という表現も、賀茂川の水運を示唆する可能性があって興味深い。
京都の市街が一条を越え、賀茂川を東遷する鎌倉時代以降は、京の北東の境界領域として見なされていたようで、戦場にもなり、幸神も祀られ、内蔵寮と御厨子所の率分関がおかれることになる。
今のイメージではあまりよくわからないけれども、さまざまな人々が行き来した、由緒正しい京の北の玄関口であったのだ。
そんな出雲路の橋を東に渡ってほどないところに、郷里の美味しいお酒とやさしい料理をだしてくれる店がある。
20年以上前に、店の暖簾にあった「信州」の名前にひかれて入った。とてもくつろげる不思議な空間で何度か楽しい時間をすごした。その後、仕事の関係でまったく離れてしまっていたが、今日久しぶりにO先生に連れられて暖簾をくぐった。変わらない顔と空間がそこにあり、なんの空隙も感じることなく、また楽しい時間をすごすことができた。「桐生」という名前である。
20年というものが長いのか短いのかわからなくなった
激しく流れていくものと、まったく変わらないものの共存
当たり前だけれども
やはり歴史の主人公は人間で、それが一番の魅力なのかと

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.02.21.39&lon=+135.46.12.22&fm=0

« 堺筋本町 | トップページ | 飛鳥京 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堺筋本町 | トップページ | 飛鳥京 »