« 迷子道しるべ | トップページ | 近江屋 »

2005年4月30日 (土)

四条道場

中世の京都には七条道場金光寺、六条道場歓喜交寺、市屋道場金光寺、霊山道場正法寺などの時宗道場があったが、四条大路北の東京極大路東にも金蓮寺という道場があった
現在の中之町南東と御旅町北にあたる
1309年に時宗第二祖の他阿真教の弟子の浄阿真観がとどまった四条京極の祇陀林寺で後伏見上皇の皇后の安産を祈り、無事光厳天皇が産まれたことで1311年に金蓮寺と称して道場を建立
ここでも北朝系
義満も保護し、七条道場と対立しながら繁栄
義輝はここで祇園会を見物、洛中洛外図にも描かれる
天明8年の大火で類焼した後次第に縮小し、明治になって繁華街となり、大正15年に北区鷹峯に移転
一遍上人絵伝をもつ
写真の四条新京極西にある染殿地蔵はもと、四条道場金蓮寺内にあったという
本尊として安置されている裸形の地蔵は弘法大師の作と伝える
修学旅行生はぜひ見て感じてほしいところ
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.00.11.60&lon=+135.46.01.44&fm=1

« 迷子道しるべ | トップページ | 近江屋 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 迷子道しるべ | トップページ | 近江屋 »