« 頼山陽 | トップページ | 東山道へ »

2005年8月11日 (木)

名古屋の風景を読む

12時すぎに名鉄バスセンターを出る。最近は特急を選べば名駅からすぐに高速に乗り、そのまま中央自動車道まで20分足らずで行ってしまう快適な路線となったが、かつては名古屋市内の渋滞を抜け、大曽根から旧の19号線沿いに春日井の鳥居松を経由して、やっとの思いで春日井インターへ入るのにゆうに1時間以上の時間がかかっていた。それが名古屋から出る方はまだましで、名古屋に入る時は、春日井の勝川の西で名古屋との境界をなす庄内川の橋がネックとなり、予定の時間に名古屋駅に着くことはまず無かったと言って良いだろう。
けれども、飯田・下伊那の人間が東海へ出るためには、それまでは知る人ぞ知るマニア好みの飯田線以外に選択肢がなかったわけで、中央自動車道の恵那山トンネルの開通と、それを利用したバス路線の便利さは、名古屋市内の渋滞などとるにたらないものにしていた。
このバスは、最初は確か天竜船下りの音頭が流れ、帰省する身には、いかにも郷里へ帰ってきた感じがしたものである。当時最長のトンネルだった恵那山トンネルの開設アナウンスもあった。途中の恵那峡サービスエリアでは小休止があって、運転手さんと郷里の話もした。名古屋で乗って恵那峡サービスエリアに着くと、いよいよ信濃へ入るという気になり、飯田で乗って恵那峡サービスエリアに着くと、郷里を離れて仕事モードに意識が変わった。中世の窯業産地である、瑞浪・土岐の地名を見ながら名古屋に近づいて行き、時には途中で降りて博物館をまわり、大曽根で降りて瀬戸へも行った。
しかし、19号線のバイパス工事が進み、運行時間の短縮がはかられ、ビジネス路線としての性格が強まる中で、天竜船下りの音頭は消え、名古屋の都市高速が整備されるに従い、途中の小休止もなくなった。たまには音頭も聞きたいとは思うが、それはそれで良いことなのだろう。
ところで名古屋高速の路線に乗り高い位置から市内を見るという、これまでと違う名古屋の風景に接し、あらためて東海の歴史的な環境に興味を覚えるようになっている。
よく知られているように、かつての名古屋周辺には木曽・長良・揖斐川の3大河川と庄内川が流入しているため、低地は陸より水の方が多い環境で、東海道はこれらの川を順番に渡る手間を避け、一気に海を渡った。現在は有数の稲作生産を誇るが、中世以前は、低地での農耕が不安定なため、段丘上での畑作が主力で、古代より織物を収める国として有名であった。鎌倉時代の経済史を語るときに必ず登場する布と貨幣の関係についての代表的な研究も、この東海の荘園が舞台だったと聞く。
数年前に東海の中世遺跡のフォーラムで話をしたときにそのことをテーマに考えたが、名古屋駅から都市高速に乗って中心部を北へ縦断していくと、そのことがよくわかる。業界では有名だが、名古屋城はかろうじて段丘の先端にあり(熱田大社や断夫山古墳も同じりくつ)、その北を大きく蛇行しながら庄内川がめぐる。ひたすら広い低地と河川。この庄内川を遡ると瀬戸の窯業地帯へいく。東名阪を越えるとまもなく右手にかつての名古屋空港と小牧山城が見える。ひろい低地の中に飛び出た独立山塊を利用しているので、よく目立つ。畿内とは異質な空間構成をもっている。小牧で名神にのり、江南市を左に見ながら中央道へむかう。山の近づいてくる様子がよくわかる。

« 頼山陽 | トップページ | 東山道へ »

遺跡の見方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頼山陽 | トップページ | 東山道へ »