« 社会へデビュー(上京探索マップができました) | トップページ | 上京携帯歴史ガイドはいかがですか(常在光院跡?) »

2006年2月 9日 (木)

直前打ち合わせ(木津川)

Hi330233 来週月曜日の木津川河床遺跡の分布調査を直前にひかえて、本日午後からあらためて手平板測量の練習と直前ミーティングがおこなわれました。
ここで手平板と言っているのは、文化情報学部として電子平板を推進するための前提として、測量の基本を学ぶためのものです。
京大院のIくんが先生役になって田辺天神山遺跡で1時間ほど。みなのみこみが早くて素晴らしい。
引き続いて直前のミーティング
作業内容は
1、レベル(東京湾平均海水面の高さ)の移動。これは文3のTくんが担当。
2、堤防を降りて草原を抜けた河原にGPS受信機で基準点を2点おくこと。これは鋤柄が担当。
3、その場所にある橋の柱の測量は手平板で、文3のMさんと文情1のNさんとWくん
4、中州にGPSで基準点を設定
5、中州の橋の柱と石の範囲は電子平板で。これはとりあえず鋤柄と京大院のIくんと文3のTくんと文情1のHくん。これにレベル移動を終えたTくんと3のメンバーがくわわります。
6、最後に中州の断面図作成
みんなイメージはできたかな
月曜日、とにかく風が弱くてあたたかいことを祈りましょう

« 社会へデビュー(上京探索マップができました) | トップページ | 上京携帯歴史ガイドはいかがですか(常在光院跡?) »

夢告館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会へデビュー(上京探索マップができました) | トップページ | 上京携帯歴史ガイドはいかがですか(常在光院跡?) »