« 信楽甕の3D化(VIVID9010) | トップページ | 善光寺について考える1 »

2006年3月17日 (金)

不破関跡

不破関跡 名神高速道路の関ヶ原インターをおりて国道21号線を京都方面へ5分ほど走ると不破関資料館に着く
壬申の乱にも登場する有名な関である
また、関東という言葉は、この不破関をはじめとする三関の東を指したことによる
古代の畿内政権にとって重要な境界線を意味する場所である
国道1号線にある鈴鹿が東海道を、滋賀県北部から北陸へ抜ける愛発関が北陸道を
そしてこの不破関が東山道をおさえたと言われる
古代の政権はこの3つの関にどのような意味を求めて場所を決めたのだろうか

不破関跡は浸食の深い小河川に接した台地の縁辺にあった
Sany0084

関ヶ原町の歴史民俗資料館はJR関ヶ原駅のすぐ北にある
こちらはあの関ヶ原の戦いに特化した展示をしている
ちょうど企画展をおこなっており、テーマは近世の医について
関ヶ原の戦いはこれまでに無い大規模戦争であったため負傷者も多く
その人たちを助けるためにいわゆる野戦医療が大きく進歩したという

外へ出ると西に家康の陣跡がある

« 信楽甕の3D化(VIVID9010) | トップページ | 善光寺について考える1 »

遺跡の見方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信楽甕の3D化(VIVID9010) | トップページ | 善光寺について考える1 »