« 新入図書のご案内 | トップページ | 大門の遺跡を学ぶ »

2006年5月19日 (金)

長野へ

雨の匂いひどく怯えながら西大寺に着くと、どこかの小学校の修学旅行と一緒になった
行き先は東京らしい
斜め前の乗客が「継体天皇の謎」を読んでいる
これまでに来ている案内によれば
7月初めに山梨で考古学と中世史のシンポジウム
7月終わりに福島県の郡山市で荒井猫田遺跡のシンポジウム
9月に三重で中世都市のシンポジウム
10月に東北歴史博物館で東北中世考古学研究会
11月に笠置のシンポジウム

京都駅は今日もビジネスマンでいっぱい
煙もうもうの3号車を過ぎて1号車のB席になんとか空きをみつけて座る
3分後に出る同じ東京行きののぞみがアナウンスされるのを聞きながら京都を離れる

名古屋に着くと雨が降り出していた
最初はゆっくり座れると思ったが、しなの5号は結局満員になった
そう言えば大分以前に、後輩の結婚式に行くために森先生と一緒に乗った時もそうだったことを思い出した

明日の午後は長野市内を歩き回る予定なので雨があまり強くならなければいいのだがという一方的な思いを載せながら、新幹線と張り合うような走りで名古屋を出る

« 新入図書のご案内 | トップページ | 大門の遺跡を学ぶ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新入図書のご案内 | トップページ | 大門の遺跡を学ぶ »