« 物部氏と長野氏と金刺氏と信濃 | トップページ | 美のかけはし »

2006年7月26日 (水)

頑張れ上京探検隊

今年も文化情報学部と工学部の学生・院生による上京歴史探訪館webの運営がおこなわれています
このうち文化情報学部の学生君たちの担当は、コンテンツ制作とwebデザインとデータ更新などのweb編集
すでに青山さんによるwebデザインのリニューアルがすすみ、いかにも京都らしい雰囲気がページに満ち溢れています
web編集は東峰くんで、ディレクターの欅君と相談しながら、ついにgoogleを活用した上京の歴史情報コンテンツ閲覧が始まりました
コンテンツの中身はまだ修正と充実が必要な暫定版ですが、だんだん進めていきますから、関係各位の方々はご容赦のほどお願い申し上げます

そして5月から始めた定例会で姿を見せ始めたのがスタッフメンバーによるコラム
まずは第1回が田中さんによる和菓子がテーマのシリーズ
タイミングよく祇園祭にまつわるニューウェーブの和菓子について書かれています
ぜひ注目を
この後、ほぼ隔週で並木さんの生活文化コラム、青山さんのデザイナーズコラム、欅君のメイキングコラム、渡邊くんの歴史的建造物コラム、上田君のスポーツコラムが登場します
ぜひお楽しみに

ところで、並木さんの生活文化コラムに関係する上京区のボランティアひまわりの皆さんと一緒に作成した「上京の知恵と文化」が、25日の9時10分からKBS京都ラジオの「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演しました
上京を始めとする多くの人たちに、まだまだ知られていないことが一杯の京都の歴史と文化をもっともっと知ってもらえたらと思います

追伸 レポートに追われる若者達へ
インターネットによる図書館の検索情報を活用しましょう
必要な論文や本があっても、それがどこの図書館にあるかわからず
身近な図書館に無いと、その資料へのアプローチをあきらめていた昔
今はそんな昔からは想像できないほど便利な時代になっています
1、全国の大学が連携した図書の検索サービスがあります
 自分の大学の図書館に欲しい本がなくても、最寄りの大学にそれがあればおおむね利用が可能です
2、国会図書館西館があります
 ちょっと不便ですが、雑誌や図書で、一般に入手しにくい行政関係のものが豊富です
 また、雑誌論文データベースはすぐれものです
3、都道府県立図書館があります
 ネットサービスで先駆的な活動をすすめてきた大阪府立図書館に加え、奈良県立図書館がリニューアルオープンし、ネットワークも充実してとても便利になりました
4、地域図書館があります
 奈良県には、県内の地域図書館をつないだ図書検索サービスがあります。今日はそのおかげで、近畿の諸大学にも国会図書館西館にも無いけれど、どうしても見たかった善光寺関係の図書を、生駒市立図書館で見ることができました

歴史系の研究はさまざまな見方とテーマでおこなわれている研究成果群の蓄積と総合によって生まれてくるものなので、代表的な雑誌論文への関心も必要ですが、関心のあるテーマに関係しそうなありとあらゆる分野にアンテナを張って、どんな小さな(と思われる)ものでも頭の引き出しに入れていくことが重要になります(ちなみに、その時のコツは、学会名や雑誌名で追いかけるより、研究者名で追いかけることです)
インターネットの普及による図書情報の共有化促進は、そんな歴史系の研究にとってもきわめて有用な環境だといえます
けれども、もちろん、言うまでもなく
まずは現場を歩くことから始めましょう

« 物部氏と長野氏と金刺氏と信濃 | トップページ | 美のかけはし »

上京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 物部氏と長野氏と金刺氏と信濃 | トップページ | 美のかけはし »