« 調査員は気象予報士? | トップページ | 歴史を見る目について »

2006年8月20日 (日)

南山城を行く

★鳥羽離宮跡の2~149回次の調査地点データについて、位置情報のほとんどを取得し、ダミー数量を元にしたマップ表示をおこなっています
各種、お楽しみください
8月中に、正式版の数量化をおこなおう
http://www.geocities.jp/sukigara_toshio/toba/mandaratoba.htm

Sany0442 Sany0449 18日~19日の午前にかけて文献の研究者と一緒に南山城をまわる
御香宮で清めの水をいただいた後、石清水八幡宮の頓宮で放生池と、その西にある巨大な五輪塔を見る
本殿に登り、宮司さんから詳しい話しを聞き、石清水社に思いを馳せながら松井と大住を経て薪へ
Sany0418 薪神社で石清水神人について考えながら京田辺市の中央公民館で薪遺跡の遺物を見学
この冬までに宇治の中世を書くつもりだが、ここでも石鍋が目立っていることをあたらめて確認
京田辺キャンパスに入り、「城館」跡と考えている新宗谷遺跡を歩いてから観音寺へ
初めて国宝の11面観音を拝む
夕方宇治川の中島に建つ十三重石塔を見ながら盆踊りの波に飲み込まれる

Sany0462 翌日は午前2時まで飲んでいたのにもかかわらず、朝から元気に海住山寺へ
軒先をこすりそうなほどの狭い道をのぼりつめると加茂の盆地が一面にひろがる
Sany0464 笠置と同じく貞慶に関わる地だが「やる気地蔵」に目がひかれる
木津川を渡り当尾に入る
Sany0470 中学校の修学旅行で来て一番印象に残っている浄瑠璃寺と
Sany0477 歴史資料館の調査で貝吹き岩に登った岩船寺へ詣る

文献の専門家とすごしたきわめて濃密な時間
それぞれの専門をしっかり持った上での積極的な融合
もっともっとこの動きを広げなければ

« 調査員は気象予報士? | トップページ | 歴史を見る目について »

遺跡の見方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 調査員は気象予報士? | トップページ | 歴史を見る目について »