« 極楽寺について考える-城塞化する寺院か- | トップページ | 五輪塔と上京について少し »

2006年9月29日 (金)

何度目かの鳥羽

のつもりが
なぜか一遍で行ったり来たり


桐原健2006「松本平の富豪層に係わる予断」『信濃』58-9
五味文彦2006「王の記憶」『歴史読本』51-4
荒木浩 編2006『小野随心院所蔵の文献・図像調査を基盤とする相関的・総合的研究とその展開』科研報告
京都府埋蔵文化財調査研究センター2006『第22回 小さな展覧会』
和歌山県文化財センター2006『徳蔵地区遺跡』
和歌山県文化財センター2006『高田土居城跡・徳蔵地区遺跡・大塚遺跡』
北川央2006「伊勢大神楽の回檀と地域社会」『漂泊の芸能者』岩田書院
小林康幸2006「東国の中世瓦」『鎌倉時代の考古学』高志書院
小林康幸2006「寺院境内絵図にみる経塚」『考古学の諸相Ⅱ』坂詰秀一先生古希記念論文集
鎌倉市教育委員会2006『鎌倉の埋蔵文化財9』

« 極楽寺について考える-城塞化する寺院か- | トップページ | 五輪塔と上京について少し »

遺跡の見方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 極楽寺について考える-城塞化する寺院か- | トップページ | 五輪塔と上京について少し »