« 楽洛キャンパス | トップページ | 西陣プロジェクト途中 »

2006年12月 5日 (火)

鳥羽殿跡の歴史空間情報的研究・緒論-歴史情報の数量化にかかる考え方への試みについて-

夏前から準備を進めてきた鳥羽離宮跡の原稿が、とりあえず第1段階の終わりに到達しました。まだあくまで緒論ですが、さわりを少しだけ紹介します。1000を越える史料項目のデータと、150次の発掘調査データも調べてきました。もちろん実物はあたることはまだできていません。そのための長い助走のようなものです。大学院の授業にも使います。文化情報学部の歴史情報系をめざす学生君達は、ぜひ参考にしてください。

 鳥羽殿とは、平安時代後期の応徳3年(1086)7月頃に、白河天皇が現在の名神高速道路南インターチェンジ周辺に造営を開始した離宮とその関連施設の総称である。これまで文献史研究により、「後院」としての性格と西国受領との関係が指摘されてきたが、50年におよぶ遺跡研究の結果、それらの評価に加えて、鳥羽殿のある景観が、中世都市の原型につながる重要な意味ももっていた可能性がみえてきた。小論ではその検討を、文献と遺跡の歴史空間情報的な総合化によって試みる。
 1086年から1184年の間で、東京大学史料編纂所が公開している「史料綱文」「古記録」「平安遺文」データベースから「鳥羽」をキーワードに検索し、これに『城南』および『平安京提要』でとりあげられいる記事を加えた結果、現時点で1100件を越える鳥羽殿関係のデPhoto_39 ータを得た。①移動記事は白河期と鳥羽期で一端とぎれること、②それぞれの上皇が注目した地区が北殿と東殿であったこと、③御堂については鳥羽期が多いこと、④遊興儀式の回数および宗教儀式の回数は両期で類似し、⑤院の支援スタッフに関係する施設の数も類似している、とまとめることができる。
 このうち①~③の状況は、このような鳥羽殿に対する二人の上皇の関わり方の違いを、拠点とその具体的な事業について明確に示したものと考える。一方④については、鳥羽期の鳥羽殿が「王家の墓所」としてあるいは「聖地」としての性格を強めたと言われていることと、必ずしも整合しない可能性を示す。また⑤についても院をささえたスタッフが、鳥羽殿の役割の変更にともなって変化した状況ともみえにくい。確かに鳥羽期の鳥羽殿は御堂の建築ラッシュではあったが、それと「王家の墓所」としての性格付けの関係については再考が必要かもしれない。
  鳥羽殿関係の調査は現在までに150次を数え、さらに試掘等の調査が加わる。発見されている時代は弥生時代に遡り近世におよぶ。報告書に掲載されている情報を出来る限り読み込んだデータベースを作成し、谷謙二氏による地理情報分析支援システムのMANDARAで分布図を作成し、今回は鳥羽殿期に限って検討をおこなう。
Photo_40   限られた条件に加え、全体の遺跡情報に対してわずかなデータ数にすぎないが、全体的な傾向としては、11世紀終わり頃から12世紀初頭の資料は少なく、大半の資料が12世紀代の中頃に属する可能性が指摘できる。 確かに東殿の中心部は墓所であるが、鳥羽殿全体としては、白河期より生活の場としての意味も加わっている可能性を指摘したい。
 鳥羽殿の成立に先行して、10世紀後半頃から11世紀後半に大きく変貌を遂げる平安時代後期の京都については、すでに五味文彦・高橋昌明氏らをはじめとする多くの重要な先行研究がある。小稿でおこなってきた鳥羽殿の検討は、道長から清盛および後鳥羽までを包括するものになるため、今後はこれらの先行研究に多くを学びながら、左京繁栄の理由から中世都市京都の成立までを視野にすすめなければならない。

藤原道長(966~1027)[法成寺(1020)・土御門殿・宇治別業(998)・木幡浄妙寺]
藤原頼通(992~1074)[平等院(1052)・白河殿]
(村上源氏)源俊房(1035‐1121)
藤原師実(1042~1101)[平等院・宇治泉殿]
白河天皇(1053~1129)[法勝寺(1077)・鳥羽殿南殿(1087)北殿]
藤原師通(1062~1099)[平等院・富家殿]
藤原忠実(1078~1162)[平等院・富家殿・小松殿(成楽院御所)・西殿]
鳥羽天皇(1103~1156)[鳥羽殿勝光明院・金剛心院・安楽寿院・△淀]
後白河天皇(1127~1192)[法住寺殿・蓮華王院]
藤原秀衡(1122~1187)[無量光院・平泉館・柳之御所・△衣が関]
平 清盛(1118~1188)[六波羅・福原・◎輪田泊]

次は宇治と鎌倉

« 楽洛キャンパス | トップページ | 西陣プロジェクト途中 »

遺跡の見方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽洛キャンパス | トップページ | 西陣プロジェクト途中 »