« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

鎌倉の路から

京・大坂・奈良に住んでいる人間にとって
鎌倉の道はどこもとても狭い
けれどもそれは、歴史家にとってみればとてもありがたいことである
なかでも材木座から小町や雪ノ下へ行くあたりは
あたかも谷崎潤一郎の小説に出てきそうな場面が連続する

現代人のイメージで言えば
東京に代表される大都市の道路は
テレビや映画の舞台に登場するような
たくさんの車線にたくさんの車が走っている
「重厚長大」なものではないかと思う
それに対して京都や奈良の道路は
狭く入り組んでいるといったものではないかと思う

確かに、事実関係で言えばそれは間違いではない
確かに奈良で生活をしていて
普通は当たり前に車で行き交うことのできる道路を使っているが
いったん古い集落に入るととてもじゃないが
一見さんはお断り的な状況になって
ひたすら対向車が来ないことを祈るだけの時間を刻むことになる

けれども
今回鎌倉をレンタサイクルでまわってみて
いやそれ以前から関東の各地を様々な機会にまわってきて
そういったイメージはあくまで最近のことなのではないかと思ったことを
あらためて感じた

鎌倉だけではない
関東の道は実はとても狭くて
さらにくねくねと曲がっていて
それは畿内で生活をしている人間にとってとても違和感を感じさせるものである

とは言え関東と言えば騎馬武者である
ゆえ
騎馬武者にとってそんな道が適合するのかという疑問も湧いてくる

ところで関東という言葉の生まれが、古代に決められた三関によるものであるのはつとに有名
よって由緒正しい関東は現在の中部地方も含んだ地域となる、ここではもちろん現在の関東のイメージに近い坂東武者となる)
坂東はこれより狭い地域で、やはり古代の官道だった東山道の坂(これは碓氷峠)の東といわれている
たから東京周辺の地域は「坂東」といった方が本来の姿を示していると思う

ともあれ
坂東武者の特徴は騎馬武者となっているので
細くて曲がりくねった道は、とても騎馬武者には向かない
もとより坂東武者の生きた武蔵野台地や霞ヶ浦周辺は
今でも北海道南部のような平原が広がっているので
そんな道にはとらわれる必要は無いのかもしれず
また、そんな役割のためには鎌倉街道があったから
それはそれで良いのかもしれないが

そんなことも頭にいれながら
しかしともかく
坂東の道は狭くて入り組んでいると
あらためて思った


話しを戻せば
東京都心の道路に代表される関東の道と
京都や奈良の細い道に代表される関西の道と
このイメージは実は最近のものではないかという話し

もとより京・奈良そして大阪も含めて
古代以来の都城とその周辺では
国家の施策として道路もまた力を入れて整備された地域だった
わかりやすく言えば条里地割りである
108~109mを単位として
基本的には東西と南北に方眼を敷いたこの制度
京・大坂・奈良の道は、基本的にこの規範に乗っていて
(もちろん奈良の太子道や大坂の高野街道など、これによっていないもののあるが)
現在でもそのおかげで
どこでも道に沿っていけば
東西南北のどこかへ行って
その先は京都なら鴨川であったり、桂川であったり、宇治川であったり、北山であったり
大坂なら生駒であったり難波の海であったり淀川であったり和泉の山であったり
奈良ならば、生駒か春日か佐紀か、そしてもっと南へ行けば有名な3つの山が否応なしに見えてくる

京・大坂・奈良という地域はきわめて狭い範囲でわかりやすい空間意識の中にあったということになる
それに対して坂東はどうか
今のような高層ビルは無かったから
どこからでも富士は見えただろうが、北の目印は筑波だろうが
はたしてどこから見えたのか
しかし平野とは言いながら
細かな地形の起伏は多いので
そうったランドマークがどこからも見えたわけではない
そんな中で、その狭く入り組んだ道である

実際、今回鎌倉をレンタサイクルでまわってみて
この道がこんなふうにこの場所とつながっているなんて
という思いを
多くの場面で思った
それは、現代ならばロマンでも良いかもしれないが
司馬遼太郎の「妖怪」の生きていた中世において
ましてや古代においては「不安」や「恐れ」の方が強かったのではないだろうか
一方畿内の人々は、道に迷ったとしても、自分のいる場所に大きな不安を抱く必要はなかった
よって、少なくとも
坂東の人たちは、畿内の人たちととても大きなイメージを
道に対してもっていたのではないかと思う
そしてそれは現在の私たちが道に対して思っているイメージと
とても違うのではないかと

そんなことを思いながら
いわゆる東国と西国の気質を重ね合わせてみたら
東国武士のストレートなイメージと
西国人のふかみをもった対応と
逆説的ではあるが
関係しているような気がして

2007年2月27日 (火)

「御土居」に関する一考察から

昨日にひきつづき素晴らしい天気
朝の京都駅からビジネスひかりに乗る
ウィークデイの朝だがひかりはガラガラで、E席の客はみなパソコンをひらいている
やれやれと思いながら同じ風景に溶け込む

昨年からカマクラの調査地点データベースを作成していて
あまりに知らないことの多いことに愕然としてなんとか時間をつくってレンタサイクルすることに

文化情報の学生くんたちもいよいよ1期生が3回生になる。これまで何度も言ってきたが、鋤柄のゼミを選ぼうとする学生君は、天気の良い時は部屋を出て、現地を探索することを普通の生活にできることが必須の条件になる。
知的好奇心を鋭敏にして現地を探索するということは、研究にリアリティを与えるだけでなく、史料だけでは見えなかったことやわからなかったつながりを発見する機会にもなる
そういったことは、机の前で考え込んでいるだけでは生まれない
この種の研究には、そういった意味のあるクリエイティブな時間がとても重要

<米原>

先日から聚楽第もそうだが京都についてもまとめなおそうと思いあちこちへ行ってあれやこれや見直していて、聚楽第関係の論文を国会図書館の雑誌データベースでみていたら
御土居と韓国文化にかかわる論文がヒットしてきた
昭和49年に北陸でおこなわれた日本建築学会大会学術講演梗概集に掲載されているもので
片桐正夫さんの「「御土居」に関する一考察 日本建築におよぼせる韓文化の影響・その3」という
数年前の京都府の研究会で話しをして、文化史特論でも話しをしてきたが
御土居の範囲の意味について、とくにその北のラインが北山の北までのびていることを
朝鮮半島や中国大陸の都城景観との関係から考えている
これなどもまさに現地をおとずれたことが一番大きな理由だが
佛教大学の門田さんの論文なども参考にしながら、もっと積極的な説明を探し続けていた

とても古い論文なので、大学にあるかどうかと思い探したらやはり実物は無い
ところが最近は論文の全文データベースが普及してきており
大学の図書館のデータベースからそれにアクセスできる
さっそく調べてみるとみごとヒット
PDFで入手できるという

<岐阜羽島>
みれば手書きの文章である
思えば学部時代は皆、手書きのレポートで、もちろんレジュメも手書き
前にも書いたが、1行7文字の液晶画面をもったパーソナルワープロのオアシスが登場したのは大学院時代
思わず感慨にひたる

「御土居」を報告している大正9年の『京都府史蹟勝地調査報告』第2冊には
江戸時代につくられた『京都舊記録』に「洛中四辺土居之事 文禄元年高麗陣之時 秀吉公の肥前之名護屋之城ニ御在陣為成 高麗ノ都乃構本唐之様子などを被為聞召 細川玄旨法印等に御相談有之其後京都之四辺ニ土居を築き是ニ竹を植江 七口を開き是ヲ土居ト言 鴨川の西北より堤を築き皇都の構となる
東粟田口 坤東寺口 西丹波口 北清蔵口 艮鞍馬口 北大原口 東荒神口」

<名古屋>

そして報告書は、この文章について、御土居の築造は文禄の役の前なので、関係は間違えと記しているが、片桐さんは注目すべき記録だと言っている

秀吉が明への侵攻をいつから考えたかは不明だが、天正17年(1589)には李王朝と交流のあった対馬の宗義智を通じて李王朝に来貢を求め、天正18年(1590)には高麗の正使を聚楽第で会見し、宗義智を通じて高麗通過の許可を求めている
小西行長を通じて宗氏から高麗に関する情報を受け、天正19年(1591)に宗義智から『朝鮮国八道総図』の献上
片桐さんは、これらのことから、秀吉が御土居の築造以前から明や高麗の情報を入手し、とくにそれらの国の防衛施設について多くを学んだ可能性の強いことを指摘している

周知のように、韓国には山をとりこんで城壁をめぐらせた城郭都市が多く、その代表が現在のソウルにあたる漢城である
また片桐さんは、あわせて築造された伏見城との関係にも注目している

<豊橋>

建築学の視点からゆえであろうか
ひろい視野でその時代と秀吉という人物を見ていると思う
前にも書いたが、やはり韓国へ行かなければ

2007年2月26日 (月)

鍋島を観る

070225_15220001 大阪中之島にある東洋陶磁美術館で
佐賀県陶磁文化館館長の大橋さんによる「鍋島」の特別展示をおこなっているので
観てきた
「鍋島」は、鍋島藩の御用窯で、有田の民窯から最高の技術者を集め、大川内での厳しい情報管理のもと、採算を度外視して制作された日本磁器の最高峰のやきものと言う

今回の展示は、その鍋島について
従来より紹介されることの多い、技術や藩の事情の視点ではなく
それが将軍家献上を目的としたものであったことに注目し
鍋島に関わった
家光・綱吉・吉宗・家治という将軍の個性とその時代背景をキーワードに
構成されたものである

なるほど、かかわった人物によって
これほど製品が違ってくるのかと
人物を「章」におきかえ
さらにそれらを展示室の切り替えと連動させることで
実に効果的なものへの理解がうみだされていた
説明にひきこまれ
作品へ目を注ぐ
さすが大橋館長の仕事だと思う

文化情報の学生くんの中に
こういった作品をテーマにしてくれるものがでてきてくれても嬉しい
3月25日まで

070225_15250001 東洋陶磁美術館は京阪の北浜駅からが近い
26番出口をあがったところが難波橋
難波商業の中心地でもある
久しぶりなので、ゆっくり歩いていくと
中之島でなにやら工事をしている
京阪電車が京橋から中之島を西へ延ばす地下線路をつくっているそうだ
万能塀の向こうに覆綱板が見える
思わず大阪時代の仕事場が思い出される
府庁の建て替えで地下十数メートルまで掘った
土砂をあげ、写真測量をするために
その上にダンプやレッカーの載る覆綱板が敷かれていた

そう言えば、その頃はよく中之島の図書館へ大坂城や
中近世の難波を調べに来て
070225_15210001 中央公会堂で府下の担当者研究会もおこなわれた
どうも大阪へ来るとセンチメンタルになっていけないと思いつつ
堺筋の地下鉄に降りる
来月におこなわれる楽洛キャンパスで聚楽第を話す予定で
その資料をもとめて西長堀の大阪市立図書館へ
昨日は同じ用事で京都府立総合資料館へ行き
「先人達の京都研究」の展示を観
偶然、笠置と井手町の絵図に出会った
この仕事は足でかせぐもので
いつも感性を研ぎ澄ませていれば
かならず研究の展開につながるなにかに出会う
来週は尼崎の洛中洛外図を観にかなければ

日曜の市立図書館は17時に閉まる
乗客の少ない千日前線に乗りなんばから天王寺へ
久しぶりの阿倍野だが
いつもどおりに
思わず固まってしまいそうなおばさんがいて
ちょっと緊張してしまいそうなお兄さんもいる
大阪はやはり面白い

2007年2月18日 (日)

居籠祭

同志社大学京田辺キャンパスのある、南山城(みなみやましろ)は
奈良と京都、それから難波の海をむすぶ偉大な木津川回廊である
ゆえ古代以来、大王やその周辺の人々に関わるさまざまな伝承や遺跡がいたるとことにあって
森先生の考古学の授業では、古事記や日本書紀に登場する南山城の記事と遺跡の関係をたくさん学んだ
(このサイトのどこかに、森先生と選んだその代表的な50の歴史遺産の紹介がある)
地に足のついた、臨場感あふれる歴史体験の典型であり
同時にそれは、地域とつながった生きた歴史遺産活用にもひろがる
そんな南山城の古代で最も有名な人物が武埴安彦
時代は崇神の頃
奈良盆地から木津川回廊をぬけて北へむかう崇神の軍を遮ったのが彼で
泉川や祝園など多くの地名の起源が記紀に語られている
椿井大塚山古墳にも関わる詳しい話は来年度の授業ですることとして
戦いによって敗れた武埴安彦の亡くなった地に由来するのがふたつあり
そのひとつが山城町の湧出宮(わきでのみや)
昨日と今日はその神社で居籠祭(いごもり)祭があった

場所はJR京都線棚倉駅のすぐ東
正式な名称は和伎座天乃夫岐売神社(わきにいますあめのふきめ)
延喜式に登場し、9世紀に清和天皇が降雨の祈りをおこなっている
もともと、この地には弥生時代の集落があり
土器の特徴には近江との関係や大和との関係がうかがわれると言う
大和の玄関口にあたる木津川回廊の南部
対岸がやはり武埴安彦の伝承をもつ祝園神社である
そのすぐ西には5世紀に渡来系の人々の村もつくられた
まだうまく説明はできないが、木津川をはさんで弥生時代から続く南山城の重要拠点である

居籠祭は武埴安彦の敗死後に悪い病気がはやり
これを死者の霊の祟りと考え忌み慎んだこと
または、鳴子川の東から大蛇(水神)がきて人々を悩ましたのを勇者が鎮めたことを由来とし
毎年陰暦の正月の牛・未・申の三日間におこなわれてきた
Dsc00384 今年から土日にすることになり、昨日と今日となった
物音を慎み精進をし
夜におこなわれる野塚祭では、神職が境外の野塚へ農耕具や御供を納める姿を見てはいけない
昨日はあいにくの雨
7時半からの祭りにあわせて同志社前から木津経由で棚倉へ
棚倉で降りると鳥居は暗い雨の中
中学生が駅前にたむろしているので
はて、と思って鳥居をくぐると奥に屋台の明かりが見える
Dsc00396_1 そぼふる雨にもかかわらず賑わいである
さすが無形民俗文化財の祭
境内に入ると社務所で雅楽が鳴り響き
小降りになった雨の中、拝殿に氏子総代がならび祭りの開始を待っている
本殿から高盛、魚、御神酒などを配り受ける儀式がおわる8時半
脇に積まれていた大松明に火がつけられる
Dsc00390 雨のやんだ後の強い北西風にあおられ勢いの強い火が天をこがす
20分ほどかかり大松明の火が収まり始める頃再び雨が降り出す
南山城の歴史を物語る祭りは今も当たり前に生きている
http://scoophand.cocolog-nifty.com/tugomori.mp4

2007年2月 3日 (土)

万寿寺の池

今日は京都五山で有名な万寿寺跡の現地説明会
平安京の条坊表記で言えば左京六条四坊三町
東西は烏丸の一筋東にあたる東洞院大路とその東の高倉小路にはさまれ
南北は六条大路の一筋北にあたる楊梅小路とその北の六条坊門小路にはさまれた場所
ちなみに六条坊門小路は現在の五条通の北側あたり
調査地はこのうちの中央やや東

この場所は平安時代後期は白河天皇の六条内裏の一部
(六条内裏の範囲は南の左京六条四坊四町もふくむ)
この邸宅には白河院皇女の郁芳門院が住んでいたが
永長元年(1096)に21歳で亡くなった後、翌年にその追善として
六条御堂となる仏寺を建立したことにはじまる
(なお、白河天皇が譲位して鳥羽殿を造営した背景には、郁芳門院の死を悼む気持ちがあったという。また鳥羽殿をめぐる白河院の記事には六条院がしばしば登場し、機能していたことがわかる)

鎌倉時代は、法然の弟子の湛空と覚空が継ぎ、浄土教だったと言われる
その後、覚空の弟子の湛照が円爾に入門し臨済宗寺院となり
弘長元年(1261)に万寿寺に

円爾は駿河生れで臨済宗聖一派の祖
上野国長楽寺や鎌倉寿福寺で学び
宋から帰国後、九州に崇福寺・万寿寺・承天寺を開き、京都に東福寺を開いた人物
その点で万寿寺は、室町時代の延文3年(1358)に五山に列した寺院として有名だが
実は鎌倉時代にさかのぼって東福寺にかかわる下京の重要寺院だったと言える

万寿寺になってまもない文永10年(1273)火災にあい
元徳2年(1330)後宇多院皇女の崇明門院が調査地の北の六条四坊二町に
報恩寺という寺をひらき、暦応3年(1340)に万寿寺と報恩寺が合併している
現在「万寿寺通」は五条通の北を走るかつての樋口小路の名称になっており
それにしたがえば、この合併により万寿寺は現在の五条通より北へ中心を動かしたとも思えるが、詳細はわからない
15世紀中頃から衰退し、天正年間には東福寺の北にあった三聖寺の隣に移転
現在にいたる

今回見つかった遺構は3期以上にわたる池跡で
1期は平安時代
2期は15世紀中頃
4期は天正頃、と推定されている

Dsc00363 浅く勾配の緩やかな構造で、池底には一面に礫が敷き詰められており
2期の池の埋土からは焼けた瓦が出土し永享6年(1434)の大火によるものではないかと考えられている
室町時代の寺院の池は、枯山水をはじめとして現在も京都市内の各地でみることができる
また今回の遺跡は起源が里内裏と院御所にさかのぼり、また鎌倉時代の浄土教世界の歴史ももつ
今回見つかった池がこれらの歴史のどの部分とどのようにつながっていくか
新たな問題が提起されたと思う

2007年2月 1日 (木)

プロジェクト科目成果品

今年度から、従来の座学と異なり社会との連携の上で
具体的な成果品完成へのプロセスを通じて
実践的なプロデュースのさまざまを学ぶことを目的として始まった
同志社大学のプロジェクト科目

その秋学期科目として下御霊神社の出雲路先生と共におこなってきた
「隠れた京都を探索する-上京を中心に-」が成果品への大きな山を越えた

Shoku0202

Map0202 体裁はA3サイズの両面カラーで
一面は食文化をテーマにした内容で
コンテンツは「水」「茶道の歴史」「茶碗」
「お正月」「京野菜」「おさけ」「京ことば」
もう一面は5つのコンテンツについてのうんちくを
その場所にちなんだ形にしたマップ
うんちくは「平安京の守護神」「地名と通り名」「和歌」「ドキュメント応仁の乱」「和菓子」
紙マップに載せられないうんちくのかずかずは
ネットや携帯でもみられるようにしています

本日、印刷屋さんにデータを入れて完成は2月末です
学生が探して伝える上京の歴史と文化
学生の取材にお応えいただき、ご協力をいただいた多くの方々に
深くお礼を申し上げます
ぜひご期待ください

田中泰彦編1990『西陣の史跡-思い出の西陣映画館』京を語る会

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »