« 「御土居」に関する一考察から | トップページ | 鎌倉レンタサイクルマン »

2007年2月28日 (水)

鎌倉の路から

京・大坂・奈良に住んでいる人間にとって
鎌倉の道はどこもとても狭い
けれどもそれは、歴史家にとってみればとてもありがたいことである
なかでも材木座から小町や雪ノ下へ行くあたりは
あたかも谷崎潤一郎の小説に出てきそうな場面が連続する

現代人のイメージで言えば
東京に代表される大都市の道路は
テレビや映画の舞台に登場するような
たくさんの車線にたくさんの車が走っている
「重厚長大」なものではないかと思う
それに対して京都や奈良の道路は
狭く入り組んでいるといったものではないかと思う

確かに、事実関係で言えばそれは間違いではない
確かに奈良で生活をしていて
普通は当たり前に車で行き交うことのできる道路を使っているが
いったん古い集落に入るととてもじゃないが
一見さんはお断り的な状況になって
ひたすら対向車が来ないことを祈るだけの時間を刻むことになる

けれども
今回鎌倉をレンタサイクルでまわってみて
いやそれ以前から関東の各地を様々な機会にまわってきて
そういったイメージはあくまで最近のことなのではないかと思ったことを
あらためて感じた

鎌倉だけではない
関東の道は実はとても狭くて
さらにくねくねと曲がっていて
それは畿内で生活をしている人間にとってとても違和感を感じさせるものである

とは言え関東と言えば騎馬武者である
ゆえ
騎馬武者にとってそんな道が適合するのかという疑問も湧いてくる

ところで関東という言葉の生まれが、古代に決められた三関によるものであるのはつとに有名
よって由緒正しい関東は現在の中部地方も含んだ地域となる、ここではもちろん現在の関東のイメージに近い坂東武者となる)
坂東はこれより狭い地域で、やはり古代の官道だった東山道の坂(これは碓氷峠)の東といわれている
たから東京周辺の地域は「坂東」といった方が本来の姿を示していると思う

ともあれ
坂東武者の特徴は騎馬武者となっているので
細くて曲がりくねった道は、とても騎馬武者には向かない
もとより坂東武者の生きた武蔵野台地や霞ヶ浦周辺は
今でも北海道南部のような平原が広がっているので
そんな道にはとらわれる必要は無いのかもしれず
また、そんな役割のためには鎌倉街道があったから
それはそれで良いのかもしれないが

そんなことも頭にいれながら
しかしともかく
坂東の道は狭くて入り組んでいると
あらためて思った


話しを戻せば
東京都心の道路に代表される関東の道と
京都や奈良の細い道に代表される関西の道と
このイメージは実は最近のものではないかという話し

もとより京・奈良そして大阪も含めて
古代以来の都城とその周辺では
国家の施策として道路もまた力を入れて整備された地域だった
わかりやすく言えば条里地割りである
108~109mを単位として
基本的には東西と南北に方眼を敷いたこの制度
京・大坂・奈良の道は、基本的にこの規範に乗っていて
(もちろん奈良の太子道や大坂の高野街道など、これによっていないもののあるが)
現在でもそのおかげで
どこでも道に沿っていけば
東西南北のどこかへ行って
その先は京都なら鴨川であったり、桂川であったり、宇治川であったり、北山であったり
大坂なら生駒であったり難波の海であったり淀川であったり和泉の山であったり
奈良ならば、生駒か春日か佐紀か、そしてもっと南へ行けば有名な3つの山が否応なしに見えてくる

京・大坂・奈良という地域はきわめて狭い範囲でわかりやすい空間意識の中にあったということになる
それに対して坂東はどうか
今のような高層ビルは無かったから
どこからでも富士は見えただろうが、北の目印は筑波だろうが
はたしてどこから見えたのか
しかし平野とは言いながら
細かな地形の起伏は多いので
そうったランドマークがどこからも見えたわけではない
そんな中で、その狭く入り組んだ道である

実際、今回鎌倉をレンタサイクルでまわってみて
この道がこんなふうにこの場所とつながっているなんて
という思いを
多くの場面で思った
それは、現代ならばロマンでも良いかもしれないが
司馬遼太郎の「妖怪」の生きていた中世において
ましてや古代においては「不安」や「恐れ」の方が強かったのではないだろうか
一方畿内の人々は、道に迷ったとしても、自分のいる場所に大きな不安を抱く必要はなかった
よって、少なくとも
坂東の人たちは、畿内の人たちととても大きなイメージを
道に対してもっていたのではないかと思う
そしてそれは現在の私たちが道に対して思っているイメージと
とても違うのではないかと

そんなことを思いながら
いわゆる東国と西国の気質を重ね合わせてみたら
東国武士のストレートなイメージと
西国人のふかみをもった対応と
逆説的ではあるが
関係しているような気がして

« 「御土居」に関する一考察から | トップページ | 鎌倉レンタサイクルマン »

遺跡の見方」カテゴリの記事