« 文化史特論遠足 | トップページ | 島津の中世 »

2007年11月23日 (金)

鳥羽離宮の方法

以前に書いた鳥羽離宮の文章を見直しながら再び話しをしている
基本的な見方を変える必要は無いものの
伝えるべきことの本質への流れと
曖昧な説明をチェックする
先日の勉強会では、Mさんが実に的確なコメントをくれた
日々逞しくなっている姿を実感でき、とても嬉しかった

いまさら繰り返すまでもないが
歴史研究でもちいるデータは、あくまで本来あった出来事の痕跡のほんの一部である
しかもそれも往々にしてその出来事をそのまま伝えているとは限らない場合もある
そんな制限付きのデータをいかにしてより合理的に結びつけて説明するか

これまでさまざまに試みられてきた歴史の方法に対する模索であり格闘である
さまざまな資料や史料の研究はそのために鍛えられ現在にいたっている
ゆえ
これからの研究も、当然その経験のうえですすめなければ意味がない

一方でこの20年ほどで急速にすすんだ数量的な取り組みは
これまでの資料や史料の研究の方法では、それが望ましいと思いながら
物理的な限界から出来なかったもので
さまざまな歴史情報がデータベースとして公開されるようになって
大いに期待されている分野である

ただし注意しないと
この方法は、数値がもっている特性によって
より、その本来の使われ方を意識しようとすればするほど
歴史叙述のリアリティを減らしてしまうきらいもある
さきに言ったように
歴史情報というものは、あくまで本来の出来事のほんの一部にすぎないのだから

それではどうしたらいいのか
資料や史料に対する科学的な姿勢と、その解釈における豊かな創造力
これまでも多くの先学がめざしてきた
この両者の美しい調和、あるいは合理的な調和
を支援するための
歴史研究にふさわしい、あるいは歴史研究にあった数量分析の考え方を
提案する必要があるのだろう

それを読み、あるいはその話しを聞く多くの読者や聴衆が納得してくれるのは
やはりこの合理的な調和を創りあげることができる
歴史の見方と考え方にたいする経験力である
それにはもちろん以前に南河内でおこなった
複雑にみえる全体をミクロとマクロの視野で合理的に説明する方法も必要

鳥羽離宮の方法は実に大きな可能性を秘めていると思う

余談だが
山陽新幹線はネットワーク使いにとってとても悩ましい路線
つながったと思ったらすぐ切れる
関門海峡に入る手前で時速300キロのアナウンスが流れる
3連休の初日の瀬戸内は快晴
相変わらず淀と石清水と鳥羽をさまよいながら薩摩へ

« 文化史特論遠足 | トップページ | 島津の中世 »

遺跡の見方」カテゴリの記事