« 『新猿楽記』についてのメモ | トップページ | 鹿男あをによし(第1回) »

2008年1月13日 (日)

鹿男あをによし(予告)

Dscn1569 奈良国立博物館で、春日若宮のおん祭りの展示をおこなっている
始まったのが、鳥羽法皇崩御の直後という時期が興味深い
同時に、故・小野忠正さんの縄文時代コレクションと考古から佛教美術までの平常展示もおこなわれている
重要文化財や国宝が並び圧倒される中で、一遍聖絵を見つけ思わず目Dscn1574 を疑う
こんなにゆっくり間近で接することができるとは
場面は有名な備前福岡の市
弓を引く武者の姿が消されているところや、下駄屋、反物屋、米屋、猟師の物売りがはっきりとわかる
Dscn1565 これも今年の初めの良縁かと
ゼミの最初のイベントは、奈良博の見学とお水取りではどうだろうかDscn1566
今日は若草山の山焼き Dscn1567 Dscn1570 Dscn1573 Dscn1568

« 『新猿楽記』についてのメモ | トップページ | 鹿男あをによし(第1回) »

夢告館」カテゴリの記事