« 鹿男あをによし(第1回) | トップページ | 鹿男あをによし(第3回) »

2008年1月24日 (木)

鹿男あをによし(第2回)

久しぶりに冬らしい寒さが続き田辺にも雪が舞う
何度見ても玉木宏が近鉄電車に乗っている姿を見ると感動してしまうところが楽しい

伏見稲荷へは京阪電車の伏見稲荷駅から東へ歩いてすぐ
奈良から行くときは丹波橋で乗り換えることになる
ちなみに大社の手前を南北に走っている路が有名な大和大路
東福寺の西面をすぎ、平家の六波羅の西の限りとなって六勝寺へ続く

古代の京都盆地と言えば嵯峨野と秦氏が有名だが
記紀に登場する秦氏は嵯峨野より伏見の方が古い
伏見稲荷大社も秦氏と農耕に関わる伝説をもち
平安時代初めに東寺の鎮守神となり、中世には五条以南が氏子圏となる
その点で、平安時代終わりに比叡山末となり四条を中心に境内地とした祇園社と好対照である

狐も有名だが焼き鳥も有名で農耕信仰にかかわる伏見人形も有名
稲荷神が稲荷山に鎮座した日に由来する二月の初午大祭もとても有名
なお稲荷山頂には古墳があり
すぐ南西の平野部には弥生時代の大集落である深草遺跡が眠る
色々な意味で伏見稲荷周辺は不思議で意外な場所とも言える

神無月の語源については諸説あるようで詳しくは触れないが
今日、ゼミのメンバーが発表された
いよいよ4年間のまとめにむけて
大好きなことを楽しく学ぼうじゃないか

「さあ、如月だ 出番だよ、先生」

« 鹿男あをによし(第1回) | トップページ | 鹿男あをによし(第3回) »

夢告館」カテゴリの記事