« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月20日 (木)

徒然草の小川と小野篁

「奥山に、猫またといふものありて、人を食ふなる」と、人のいひけるに
「山ならねども、これらにも、猫の経(へ)上りて、猫またになりて、人とる事はあなるものを」と言う者ありけるを
何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺の辺(ほとり)にありけるが、聞きて
ひとりありかん身は、心すべきことにこそと思いけるころしも
或所にて夜更くるまで連歌して、ただひとり帰りけるに
小川(こかわ)の端にて、音に聞きし猫また、あやまたず足許へふと寄り来て
やがてかきつくままに、頸のほどを食はんとす。

肝心(きもこころ)も失せて、防がんとするに力もなく、足も立たず
小川へころび入りて、「助けよや、猫また、よやよや」と叫べば
家々より、松どもともして走り寄りて見れば
このわたりに見知れる僧なり。

「こは如何に」とて、川の中より抱き起こしたれば
連歌の賭物(かけもの)取りて、扇・小箱など懐に持ちたりけるも
水に入りぬ。希有にして助かりたるさまにて
這う這う家に入りにけり。

飼いける犬の、暗けれど主を知りて、飛び付きたりけるとぞ。

(『徒然草』第八九段「日本古典文学大系」岩波書店)

『徒然草』は吉田兼好の作で1317~1331年の間に成立かとされるが詳細は不明
有名な随筆で、清少納言と『枕草子』と共に、代表的な作品
亀山殿の話も石清水八幡宮の話もあって、鎌倉時代の風景の再現には不可欠

先日、院生の話を聞いていて、学部時代にゼミで『風土記』をテーマにした課題が出て
兵庫県の遺跡地図をコピーして貼り合わせ、丸太町烏丸の印刷屋さんで縮小したものをつくり
それに播磨国風土記の情報を貼り付けていったものを持って行ったら
さすがの森先生も驚いていたことを思い出した

同志社の考古学の学風として
遺跡情報と隣接諸分野の情報を位置情報を基に総合することはすでにその頃からおこなわれていたこと

そんな総合する隣接諸分野のひとつが国文の資料でもあるが
過日はそれを主眼に小野篁伝説から鎌倉時代の京都の都市の話をしてみた
おおむね好評だったと思うが
さすがに「篁物語」は別の世界だと思ってできなかった

今あらためてこの段を読むと、確かに小川周辺が鎌倉時代後半には人家の多い
一帯だったことがわかる
日が沈むと人並みが途切れるのは、過日の粟生でもあったこと
けれどもなにか事があれば、人が松明をもって駆けつけてきてくれるような場所だったということ
けれでも、これは小川沿いの一帯に人家があるのか、一条沿いの一帯に人家があるのかは実は微妙

同第50段
「応長の頃、伊勢の国より、女の鬼に成りたるをいて上りたりという事ありて
その比二十日ばかり、日ごとに、京・白川の人、鬼見にとて出惑う。
「昨日は西園寺に参りたりし、京は院へ参るべし、ただ今はそこそこに」など言い合えり
まさしく見たりという人もなく、虚言と言う人もなし
上下ただ、鬼の事のみ言い止まず
その比、東山より安居院辺りへまかりはべりしに、四条よりかみさまの人
皆、北をさして走る
「一条室町に鬼あり」とののしり合えり
今出川の辺より見やれば、院の御桟敷のあたり、更に通り得べうもあらず立ちこみたり
はやく跡なき事にはあらざめりとて
人を遣りて見するに、おおかた逢える者なし
暮るるまでかく立ち騒ぎて、果てはとうじょうおこりて、浅ましきことどもありけり
その比、おしなべて、二三日人のわづらう事はべりしぞ
かの鬼の虚言は、このしるしを示すなりけりと言う人もはべりし」

これは西園寺と持明院のどのような評判を物語るのだろうか

2008年3月13日 (木)

鹿男あをによし(第9回)

「MY鹿です。先生」

Dscn1977 北条町駅から北西へ中国自動車道を越えた先の小谷の集落を見下ろす東西の細長い山塊の峰を利用して築かれているのが加西市の小谷城
ちなみに尾根を越えた北の谷は風土記に登場する鴨谷

小谷の集落は、この城のから南にのびた二つの尾根で馬蹄形状に囲まれ
いかにも中世居館がおかれるにふさわしい地形となっている
この集落から小谷城へ登る道がどこにあるかと言えば
その頃はともかく現在は東側の尾根の近くに整備された山道があり
途中、左右に何時出来たかわからないが
そのうちのいくつかは当時にさかのぼりそうな平場を見ながらいくと
路が二手に分かれ
Kotani0313 右手の急に険しくなった道を登ると二ノ丸の近くにたどり着くことができる
学生君たちと東の尾根を登ってきたときは比高差に少し驚いたが
南の集落から登れば、それほどのものではない

事前勉強をせずにという無謀な状態で来たが
この場所は
マクロ的に見れば加古川から福知山を経て日本海へ抜ける播磨の南北路から少し西へ入ったところで
加古川の支流がその中央を北西から南東に流れる

小谷城の眼下に広がる盆地は
西の福崎町からきた街道が、その支流に沿って南東から東へ続く一帯で
瀬戸内式気候によって、谷池型の溜池がいたるところにみられる
地図を見ていると、この街道を東へ行った先に古坂という地名があり
その丘陵を利用して前方後円墳が築かれている
したがって、主要な街道は、この丘陵を北にみながら南東に進み、加古川へ向かうと思ったが
後で聞けば、そのまま東へ続いて京都までつながるという
瀬戸内を少し山に入った東西幹線だったのだろうか

これまで高速道路がけっこう前近代の主要陸路を踏襲していることを
色々なところで言ってきたなかで
中国道はあまり視野に入っていなかったが
実は中国道も同様に前近代の主要道に依っていたとすれば面白い

なんでもパターン化するのはいけないことだが
話しを聞けば小谷城の下の平野部には平安時代の遺跡がたくさんあると言う
川と並んではしる街道沿いの谷で、平安時代の遺跡があって
戦国時代には居館と背後の山に城をもつ
こんな風景を岐阜県の可児市で見た
顔戸遺跡である
であれば、この下の平野部には鎌倉時代の集落もきっとあると思う
それから、北条町の駅のすぐ西に「寺山」という地名と小丘陵がある
北条の盆地の南をおさえる場所で、地名の古いので
こちらも重要な場所ではないかと思うが
これ以上はもっとしっかり調べないといけない

そして今回の最大の収穫は、学生くんたちの頼もしさ

兵庫県立考古博物館は加古川から大阪方面へ二駅の土山の南西1キロ
弥生時代集落で有名な播磨大中(おおなか)遺跡公園の南にある
最近オープンした博物館の中でも一押しのひとつ
考古学を遺跡を、たくさんの人に身近に親しんでもらおうというコンセプトが至るところにちりばめられている
加えて専門に学ぶ者にとっても、兵庫県内の豊富な資料に接することのできる環境が整っている
なによりも、展示を通じて何を伝えたいか、何にこだわっているかがしっかり示されていて
それがメリハリのある演出によくわかる形で表されている
やはり歴史を考えるときに一番重要なのは人間なのだと
スタッフもキャストも観客も

だから今回の最大の収穫は、博物館プロデュースにかけた熱い人々の思い

「儀式は月が出てから行う。今夜9時に朱雀門で会おう」

2008年3月12日 (水)

小川通りに魅せられて

先週のはじめにようやく嵯峨野から戻ってきて、今小川通りに来ている
 戦国時代の京都は、政治的な要素の強い上京と商業的な要素の強い下京の二つの「核」で説明されることが多い。
ところが、上京の中の小川通り周辺もまた、「洛中洛外図」の中で有名な商業的要素の強い地区である。
しかも上京の場面の中で、中央に大きく描かれている。
したがってその意味と役割は上京の中で大きな位置を占めていると考えて不思議ではない。
 その意味で都市としての上京の空間構造は、小川通りが大きな手がかりになると思う。
それでは小川通り周辺にはなにがあったのだろうか。
 平凡社の歴史地名大系によれば、小川通りは、すでに中世に既に道があったらしい。
「徒然草」89段には当時有名であった怪物「猫また」に会う話が載る。
一条大路南の地には足利義尚の小川第があり
庶民信仰の中心でもあった革堂行願寺も、中世には一条大路北の地にあった。
 さらに洛中洛外図と地名辞典を見直していたら、もっと面白いことが見えてきた

詳しくは夏頃までにと、しておいて
今日は、その合間を縫って兵庫県加西市の小谷城へ電子平板を持って行く
18時6分に同志社前を出ると、尼崎と神戸で乗り換えて加古川には20時8分に着く
ちょうど2時間である
行き先の北条町へは、ここから加古川線に乗り換え粟生(あお)まで行く
新快速を降りて、ホームで行き先見ても粟生が見えず少し慌てたが
そう言えばX線作業主任者の試験を受けに来たときに確かここで乗り換えたと思いだし、ワンマンの列車へ
モバイルSuicaを精算してドアをボタンを押して開ける
播磨の中に入っていく実感がする

粟生に降りると真っ暗だった
ここからは北条鉄道という単線のワンマンカーに乗り換える
なんでも無人駅ばかりだったところを社長さんが全国に声をかけて
ボランティアのステーションマスターを募り
活性化が進められているという
列車の中はとても明るくてかわいらしい色づかいがされている
Ao きっと春の陽射しを受けて走っていたら
気持ちが良いだろうと思いながら
夜の播磨に入っていく

2008年3月 6日 (木)

鹿男あをによし(第8回)

原作と少し違ってきたなあと思いながら
早くも登場した三角縁神獣鏡
橿原考古学研究所付属博物館と黒塚の展示館をまわって
なんと奈文研まで

キーマンとなった教頭の名前は、小墾田宮から付けだのだろうか
推古天皇の皇居で、『日本書紀』によれば、推古天皇11年に豊浦宮か移っている
ただし、奈文研で教頭の目の前に並んでいたのは、奈良時代の須恵器と平安時代初めの土師器の杯だと思う
野暮なことを言ってもしかたがないが
せっかく三角縁神獣鏡が主役なら橿原考古学研究所で撮影すれば良かったのにと
要らぬお節介

閑話休題
教頭の名が小墾田宮なら
藤原くんの名はやはりあの藤原氏だろうか
それでは主役の小川はというと
奈良の写真家で有名な小川さんの名前が浮かんだが
これはどうだろうか

番組はいよいよ佳境に入ってきた
来週は所用で橿原の博物館と唐古を回る
ロケの話しを聞いてみようか

2008年3月 5日 (水)

平安京の研究会のご案内とマイマップ

3月23日(日)に京大吉田南構内(旧教養部)総合人間学部

「鳥羽殿の邸宅と空間構造-特に白河期と鳥羽期の違いに注目して-」
の話しをします
先に丸川義広さんと上野勝之さんが話しをされます

googleマップでマイマップが始まってかれこれ1年でしょうか
どんな使い方ができるかまだよくわからないのですが
京の六地蔵プラスアルファでデモマップをつくってみましたが
どのように見えるのでしょうか
http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&msid=109366433923927512954.000442479048f19c257ed&ll=34.983315,135.76664&spn=0.127425,0.213203&z=12

2008年3月 2日 (日)

西園寺が一番系図についてのTさんへの返事

拝復
Tさん
お手紙ありがとうございました

Saionkezu2 ご指摘のように、室町院も入れてみました
加えて
現在、亀山殿まで行っているのですが
古今著聞集と徒然草の記事をまとめながら
つい、徳大寺もいれてみました
ついに禁断の斜め線表現になってしまいましたが
なにかとても大変な様子がとてもわかりやすく見えてきたような気もします

右クリックで新しいウィンドウを開いてください

取り急ぎ
敬具

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »