« 平安京の研究会のご案内とマイマップ | トップページ | 小川通りに魅せられて »

2008年3月 6日 (木)

鹿男あをによし(第8回)

原作と少し違ってきたなあと思いながら
早くも登場した三角縁神獣鏡
橿原考古学研究所付属博物館と黒塚の展示館をまわって
なんと奈文研まで

キーマンとなった教頭の名前は、小墾田宮から付けだのだろうか
推古天皇の皇居で、『日本書紀』によれば、推古天皇11年に豊浦宮か移っている
ただし、奈文研で教頭の目の前に並んでいたのは、奈良時代の須恵器と平安時代初めの土師器の杯だと思う
野暮なことを言ってもしかたがないが
せっかく三角縁神獣鏡が主役なら橿原考古学研究所で撮影すれば良かったのにと
要らぬお節介

閑話休題
教頭の名が小墾田宮なら
藤原くんの名はやはりあの藤原氏だろうか
それでは主役の小川はというと
奈良の写真家で有名な小川さんの名前が浮かんだが
これはどうだろうか

番組はいよいよ佳境に入ってきた
来週は所用で橿原の博物館と唐古を回る
ロケの話しを聞いてみようか

« 平安京の研究会のご案内とマイマップ | トップページ | 小川通りに魅せられて »

夢告館」カテゴリの記事