« 縁 | トップページ | 3次元資料研究 »

2008年4月29日 (火)

亀山と北山

1眼レフの良さを改めて実感した1日でした
出版社からカラー図版の打診を受け
EOSを片手ににわかに嵯峨野へ

少しかすんで見える空に戸惑いを覚えながら
嵯峨嵐山を降りて、有名なコロッケ屋の前を通りゴールデンウィークの人波に紛れる
001目的はもちろん亀山だが
その前に、以前うっかりして確認しなかった後嵯峨天皇と亀山天皇の墓に詣る
中世のある時に朱雀とも呼ばれた天龍寺前の道を大堰川へ向かう
さて、今日はどんな顔を見せてくれるかと思いながら
渡月橋の途中で振り返ると
今日も見事な亀山である
途中で構図を考えながら足早に中島へ
002  屋台の先に河原へでる空間を見つけて渡月橋から亀山をねらう

梁塵秘抄に桂と亀山が同時に登場し
上皇の遊興にも桂から嵐山へのコースがある
現在の桂の駅を意識するととても想像できないことだが
過日、W先生の家にいく途中
阪急電車が桂川を渡るとき、一瞬この亀を見た気がして
おもわず車中で声をあげそうになった
これに気づいた人はほとんどいないのではないかと思うが
梁塵秘抄に桂が登場するのはその意味があるような

河原のベンチに乗って夢中でシャッターを押していたら
大学生らしいカップルが写真を撮ってほしいと声をかけてきた
カメラおたくと思われたのだろうか
はやりの小型のデジカメを渡されて渡月橋をバックにした二人の写真を撮ったが
1眼レフに比べるとあまりの不安定さに手ぶれをしたかもしれない

思いの外良い写真が撮れたと満足して嵐電から北野白梅町へ
嵐電に載るのは本当に久しぶり
常盤から双ケ丘の西を上がって宇多野から仁和寺を通過する
そう言えば駅の名前が変わったと聞いていたがこのことだったかと
あらためて歩いてみたいところばかりだが
時間が無いので終点で降りて北へ向かう
目的地は勿論北山西園寺である

左大文字を入れておさめれば雰囲気がでるかと思い
平野神社の脇を西大路をゆっくり登る
歩いてみればあらためてわかるが
確かに北山である
しかしさすがに都会でビルが建ちならび北山はカメラにおさまろうとしない
やむなく西へ入って住宅街から構図をねらう
結局金閣寺の入り口まで来てしまい
正面から左大文字を撮るがどうもしっくりこない

あきらめきれずに南西にまわりこみ山を探すも近すぎて感じがでない
しかなく、途中の旧河道のような道をおりていくと
左手が金閣小学校で右手が衣笠中学
その先は立命館
金閣小学校の屋上あたりが良いような見当をつけるがもちろん入れるはずもない
迷いながら地図を見直すと
金閣寺と山と船岡山がちょうど並んでいることに気づく
見慣れているはずなのに気づくのが遅いと思いながら
船岡山を目指そうと決めたとき
金閣小学校のすぐ北に白河天皇火葬塚という文字を見つける
そういえば白河天皇は鳥羽の葬られる前に北山で火葬されたとある
それがここかと
003 北山西園寺から徒歩5分
広い意味ではその境内の一部
もちろん時代は違うが
けれども
公経はそれを知っていただろうもちろんそうに違いない

知っている人以外は絶対行くことのできないような火葬塚を確認して西大路へ出る
目の前を205番が通り過ぎる
やれやれと思い北の金閣寺前のバス停まで歩き始めた時
思い描いていた構図が目の前に現れた
004 左大文字が正面に大きくそびえ
その左下に金閣寺の森が横たわる
以前に農林会館が建っていた場所が現在金閣寺の駐車場になっている
絶好の空間だった
時刻は1時に近く太陽光線はぎりぎりのタイミング

006 念のために船岡山に登る
ちょうど南側の雑木が刈られており視界がひろくとれ
いつもは見えない京都新聞社が望遠で確認できる
空気が澄んでいれば遠く神南備山まで見通せたかもしれない
大学生と思われる女子がひとりで写真を撮ってすぐ降りていった

005レポートだろかと思いながら
あとから上ってきた妙齢のご夫婦と景色についてしばし歓談

京都文化博物館での待ち合わせは3時
まだ少し時間があるので
五辻殿の碑を撮ろうと山をまっすぐ南下する
猫寺を過ぎ、雨宝院を左手に見て本隆寺の西の築地が途切れたら五辻
007 少し千本へもどって光線の加減を見ながら石碑を撮る
時刻はちょうど2時
59番に乗って河原町三条まで出ると
ゴールデンウィークの京都はまだ始まったばかりだった

« 縁 | トップページ | 3次元資料研究 »

京都」カテゴリの記事