« 一遍の軌跡(稿) | トップページ | 善光寺快晴 »

2008年9月26日 (金)

歴史的景観復原と西国三十三所霊場

院生の古田君と奈良国立博物館で開催されている西国三十三所霊場展に行く
平日にも関わらず多くの見学者が館内をいっぱいにしていた
今年から記念のイベントが各地でおこなわれて
清水寺でも大きな催し物があると言う
日本文化の基底を流れる信仰のひとつの形がずっと息づいていることを実感する

ずっと見ていった中に長谷寺の銅板法華説相図というものがあって
表面に三層で六角の仏塔が造形されている
解説によれば、釈尊が法華経の教えを説いていた時に
多宝仏の宝塔が地中から涌きだし
塔内に釈尊が招き入れられたという
法華経見宝塔品の教説を基にしているという
六角塔といえば
笠置山遺跡の時に調べたが、数の少ない謎の多い塔である
ちなみに4回生が卒論で石造品を調べている
教えてあげよう

前半の中程に縁起絵の展示がある
多くは近世の資料だが見ているうちにあることに気づいた
大阪府の中世館の報告書で中世の藤井寺を書いたが
藤井寺も西国三十三所霊場のひとつである
この三十三所がどのようにして決められたのか
もちろん研究はあるが
都市からの視点で考えられないかと思っている
それを検討する材料がそれぞれの場所の風景である
室町時代以降は、都市図の普及により
参詣図も多く生まれるが
それらもあわせた三十三所霊場の歴史的景観復原が
これらの絵画資料からできるのではないだろうか
あるいは
どのようにしたらできるのだろうかと

今年から東大の高橋慎一朗さんと
一遍聖絵や紀行文をテキストにした
中世前半期社会の都市と地域の研究を始めた
その根本は、南河内以来おこなってきた
歴史的景観復原の方法である

9月12日におこなわれた3次元計測の研究会でも言ったが
それぞれの分野でぞれぞの立場と目的でデジタル化や3次元化が行われているが
ここの歴史文化情報研究室も
寒梅研究会の
大きなテーマは歴史的景観復原で
3次元デジタルの目的もそれである
9月の奈良博はとても良い勉強をさせてくれた

・中世の藤井寺(1月)
・みやこのかたち(3月)
・院政期の平安京(6月)
・都市と商人(8月)
・稲荷の氏子(9月)

« 一遍の軌跡(稿) | トップページ | 善光寺快晴 »

遺跡の見方」カテゴリの記事