« 帰洛 | トップページ | 新大阪てんやわんや »

2008年11月29日 (土)

片瀬浜

片瀬は輝くばかりの陽の光
一遍は、片瀬の館と地蔵堂にその足跡を残している
湘南江の島のモノレール駅を出たところが江ノ島道
交差する県道を渡りまっすぐ行けば江ノ島
一遍の地蔵堂へは逆にもどる
紹介にしたがい公民館と八百屋さんの間の小路を行くと
県道へ出る直前に小さな公園があり
一遍の地蔵堂を示す標柱が立っている
まずはここから

遊行寺での約束までまだ少し時間があったため
公民館と一緒にある図書室へ行って資料を調べる
係の人に相談するとうってつけのマップがあり
それを手がかりにして江ノ島みちを北へ
片瀬港をめざす

現在の江ノ島道は、普通車がやっと対向できるほどの幅
途中に元禄頃の事跡があるという藤沢から江の島をつなぐ「江の島弁財天道標」を見かける
鎌倉に続く東の山塊の麓をほぼ同じ標高でくねくねと続く
湘南江の島駅のすぐ北にあるのが常立寺
元は真言寺院の利生寺があったという
「竜の口」と呼ばれた刑場の地で、大庭景親、和田義盛、法条時行らが処刑された
公民館の先の右手にあるのが密蔵寺
徳治元年(1306)に没した有弁を開山とする

この密蔵寺の道をはさんだ西側は一段低くなった空き地になっており
その脇の路地を県道へ向かって降りていくと下諏訪神社が鎮座している
年表によれば8世紀に信濃国から勧請されたと伝え
下社は弘仁年間、上社は天長年間に遷座と言う
神紋は諏訪大社のご神木をあらわしている
路地を一筋北へずらして公園を抜けて江の島道へもどると
東の長い石段の上に上諏訪神社がみえる
大鯨の伝説をもつ浪合をゆるやかに右にカーブしながら過ぎると泉蔵寺

片瀬小学校をすぎると岩谷不動入口の標柱がたつ
その先の一体は殿山と呼ばれ
館跡と推定され
後北条の時代には大船の玉縄城の砦の役割も果たしていたと言う
道は、この先から少し下りになり
その先が境川にかかる新屋敷橋との交差点になる
説明ではこの橋の上流あたりが片瀬港で
境川はこの下流でおおきく川筋を変えていたと言う
片瀬の館は
この港を見下ろす周辺だろうか

江ノ電で藤沢へ
遊行寺は藤沢駅から北へ10分ほど
北東から来た東海道が
境川を渡ったところで北西に曲がる角にある
絶好のロケーションである
なお江戸時代の藤沢宿はここから少し西へ行ったところ
ちなみに遊行寺のすぐ近くに諏訪社が鎮座している

一遍はなぜ片瀬に滞在したのだろうか
一遍は片瀬の誰を頼ったのだろう
江の島なのだろうか

« 帰洛 | トップページ | 新大阪てんやわんや »

一遍」カテゴリの記事