« 新山口 | トップページ | 謹賀新年 »

2008年12月21日 (日)

益田再び

山口線の特急は2両編成
津和野を過ぎてしばらくすると日本海側の空が見えてくる
昨日までは寒かったと聞くが、今日の益田はコートを着たままでは汗ばむほど
2005年に「中世西日本海地域の都市と館」を書く前に、確か1月の終わり頃だったろうか。鳥取から下関まで山陰線を巡ったことがある
雪の鳥取城と湖山池、曇り空の倉吉と米子城、雪の大山寺と富田城、鰐淵寺への思いを残しながら杵築社へ、そして石見銀山のあとに訪れたのが最大の目的地の三宅土居だった
町と一体化した案内板に導かれて土居をめぐり七尾城に登った
益田川の勢いに圧倒され、川上の居館跡の写真を見て、五福寺のことを知り、また来なければと思っていた
その後、貿易陶磁研究会と中世都市研究会の木原さんの報告で、中須西原遺跡と沖手遺跡の発掘調査を知り、これはぜひにでもと思った
 
沖手遺跡は、旧益田川からすぐの右岸
自然堤防とも思えないほど平らな地面の広がる中に、五福寺のひとつである専福寺の地名が残る
脇を走る道路の下に、溝で区画された家並みが広がっていたことになる
偶然だろうか、鎌倉時代の区画と新設された道路の軸が同じ
専福寺の先から新しい道路を左に曲がり益田川を渡る
すぐ右に曲がり、益田川に沿って海へ向かった先の右手に福王寺がある
境内に入ってすぐ目に付いたのが十三重石塔
もちろん鎌倉時代であろう
さらにその裏には巨大な五輪塔の一部
御影石だという

益田が日本海西部の海上交通の重要な拠点あることは言うまでもないが
これはもう、馬淵さんの言う西大寺流の関係と言わざるをえない
鎌倉時代の益田のひとつの風景はこれだと思った
境内を出るとそこが中須西原遺跡
15世紀代を中心とする集落遺跡である
沖手遺跡が専福寺を中心とする鎌倉時代の港湾集落だとすれば
中須西原遺跡は福王寺に隣接する室町時代の港湾集落となる
中世の益田川河口は中須の南を巻いて西の高津川河口に向かっていたとも考えられるそうで
そうであれば、沖津の集落も中須西原の集落も
ちょうど河口をさかのぼった停泊地にうってつけの場所となる
そして鎌倉時代にそこをおさえたのは北条氏につながる人々で
室町時代は益田氏になる
と言ってしまうのはあまりに都合が良すぎるだろうか

山口へ向かう列車で左手に席を変える
けれども津和野は漆黒の闇に包まれて何も見えない
気温が急激に下がってきた
また来なければと思う

« 新山口 | トップページ | 謹賀新年 »

遺跡の見方」カテゴリの記事