« 考古学は地域に勇気与える | トップページ | そうだ 鎌倉、行こう »

2009年3月 9日 (月)

武田信玄から白河上皇へ

長野県飯田市の松尾城にどっぷりつかって一週間たった
思わず独り言

かわらけの原稿を鞄に放り込んだまま
例年より重い年度末につきものの会議に翻弄されながら
最初の現場を見て
下立売通智恵光院で写真を撮り
善光寺門前の報告書を読み返す

F君の話を聞いた後
方広寺跡の説明会に行き
本当に久しぶりにア・マークド・パラディでランチをとる
大文字の見える寒梅館の2C会議室でプレゼミ

今年も春の楽洛キャンパスが始まった
今回の課外授業は鳥羽離宮
安楽寿院は今回初の非公開文化財特別公開
丁寧な案内を受けた後、城南宮へ
何度も歩いた場所だが
安楽寿院の中はもちろん初めて
城南宮も神苑を訪れる

Jonan 阪神高速京都線と名神高速道路に囲まれて
白河の見た風景も鳥羽の見た風景も
とても簡単には想像できないかと思っていたら
そこには
白河が心を許した風景が確かに見えた

課外授業は18日である
暖かな良い天気になればと思う

さて
善光寺とかわらけと上京と今出川と

« 考古学は地域に勇気与える | トップページ | そうだ 鎌倉、行こう »

その他」カテゴリの記事