« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

「武城」と呼ばれた町(東京都府中市)

 中世都市府中は六所宮を中心に展開する。
 京王電車の府中駅を南に出て、南北に続くけやき並木の通りを南に進むと、すぐに大國魂神社(武蔵国の総社である六所宮)の大鳥居が見えてくる。平安時代を起源とするこの宮は、武蔵国衙の推定地にあって、けやき並木の通りは、源頼義に関わる伝説を持つ。そして鎌倉時代には北条政子の安産を祈願した寺社の一つとして『吾妻鏡』に登場する。いずれもこの宮とこの場所が、古代以来、武蔵の重要地点だったことを示す。
 地形と交通もそれを如実に物語る。府中の中心部は、北の国分寺から続く立川段丘上にあるが、そのすぐ南は多摩川で、六所宮は多摩川とその北の沖積低地を見下ろす立川段丘崖際に鎮座している。一方交通路を見れば、東西・南北それぞれ三本の道が六所宮と府中の街を交差している。南北の道は、西から鎌倉街道上道、府中街道およびけやき並木の通りで、東西の道は北から甲州街道、旧甲州街道および段丘崖下を鎌倉街道から分かれて国府八幡へ向かう道である。このうちけやき並木の道は六所宮の鳥居から出発し、府中街道は境内の西側を走り、旧甲州街道は鳥居の前を通過し、崖下の東西路は境内の中を横切っている。多摩川を意識した立地と街道の集まる場所が六所宮だと言える。
 このような中世都市府中の特徴が、一四〇〇カ所を越える発掘調査から明らかにされてきた。府中市郷土の森博物館の深澤靖幸氏によれば、古代・中世を通じて六所宮の重要性は変わらないが、古代末から中世前半の遺跡の中心は多摩川の旧流路に近い段丘下の沖積低地にあったと言う。大量の中国陶磁器やかわらけが見つかり、大型の区画溝や石敷き遺構が発見されている。これらの陶磁器は多くの人々の生活と盛んな物流の様子を示し、石敷き遺構は倉の基礎の可能性がある。六所宮を見上げる場所で、川湊に接して館が設けられ、その一帯が宿や市の役割も果たしていたと思われる。
 これに対して室町時代の風景は大きく異なる。遺跡の中心は段丘上に移り、なかでも府中街道沿いの本町には、埋められた銭甕や、倉とも推定されている地下式横穴が密集する。そしてその西には、細い谷と土塁を伴った薬研堀で方形に囲まれた高安寺が位置する。高安寺は足利尊氏の再建伝承を持つ禅宗寺院で、南北朝期から室町時代には、たびたび鎌倉公方の陣所として用いられた。したがってこの時期の府中は、多摩川を見下ろす段丘縁辺に沿って宗教の核である六所宮と政治の核である高安寺が東西に並び、その間におそらく宿も兼ねた商業ゾーンがあった姿として復原できることになる。
 さらにこの時期の府中を象徴するのはそれだけではない。高安寺の北や甲州街道沿い、けやき並木の西側などで、大規模な薬研堀が見つかっていることである。なかでもけやき並木西の薬研堀は八〇〇メートルにもおよぶ。これほどの大規模な薬研堀の区画は、これまで見つかっていない。深澤氏は、南北朝期の義堂周信の日記『空華日用工夫略集(くうげにちようくふうりゃくしゅう)』で「府中」が「武城」と呼ばれていることに注目する。薬研堀の詳細な時期については今後も検討が必要とされるが、想像をたくましくすれば、その風景は、緊張状態の高まった室町時代の京都が、「構」と呼ばれる多くの溝で区画された都市だった姿とも重なる。いずれにしても、全国の「府中」と呼ばれた地域拠点の姿を検討するための大きな手がかりであることは間違いない。

2009年7月27日 (月)

中世前期における地域社会の萌芽について

本日は非常に興味深いテーマの研究会に参加させていただきまして
誠にありがとうございました
専門の異なる人間ですので、的外れなことを言うかもしれませんが
感想をお話させていただきたいと思います
中世前期における地域社会の特質を探るという非常に重要な問題提起でございますが
それではそういった地域社会というものをどのようにとらえたら良いのだろうかということを
昨日から考えていまして
先ほどもお話に出ましたが、地域社会と言うには
やはり「自立した」という形容詞が必要ではないかと思いました
そこでそのための条件が何かと考えていましたところ
とても重要なヒントではと思われるキーワードを教えていただきました
それがなにかと言いますと
武雄のお話で出た伊万里ではないと思います
武雄が伊万里を求めたのは港がほしかったからではないでしょうか
実は同様なことは、北陸でもお話をされていて
首都圏の加賀は羽咋と七尾が伴って完成すると
これも港でございます
言い方を変えると地域社会が別の地域社会と交流するときの窓口でございます
さらにもうひとつ
益田のお話がありましたが
益田には三宅御土居ともうひとつ海岸部に五福寺と呼ばれた中心があります
近年そこでふたつの港湾遺跡がみつかっており
それらが一緒になった益田の地域社会を構成したことがわかってきました
中世前期の地域社会の特質を「自立」に視点をおいて考えたとき
こういった見方が手がかりになるかと思いました

それから、自らにかえって中世前半の地域社会はどこかと考えたとき
南河内の石川沿いが最もわかり易いのではないかとも思いました
しかもその成立は河内源氏が本拠をおいた時以降ですから
まさに中世前期の初めにあたります
その後、石川源氏に変わり、石川庄が立てられてより地域社会が明確化します
そしてそのとき注意しなければならないのが
先ほどからお話に出ていました地域社会の「コア」の問題です
実は、この石川沿いの地域社会は
はじまりは河内源氏でしょうが
その後は西国三十三所霊場のひとつでもある葛井寺が「コア」になり
その西にあった道明寺と西琳寺が街道筋にあって市と宿を兼ねた
地域社会の窓口になったと考えています
そういう点で、地域社会の「コア」をどのように見るかもまた重要なポイントになると思います
そういえば、この時期の有名人である一遍は遊行して全国各地をおとずれています
ご存じのように、けっして意味の無い場所へ行ったわけではありません
一宮が多いとも思われますが
いずれの地も地域社会になっていたはずで
一宮などはその「コア」のひとつだったと思います
個人的には、小笠原が入った佐久から伴野も立派な地域社会の典型だと思いますが
今回のお話をお聞きしながら
そういった中世前半の風景を見直すたくさんのヒントをいただきました
ありがとうございました

2009年7月26日 (日)

坂下

坂下
山梨のシンポジウムの帰りに
名古屋で大雨
中津川の手前で止まってしまった

from 鋤柄俊夫

2009年7月25日 (土)

甲斐の丸石信仰

甲斐の丸石信仰


from 鋤柄俊夫

笛吹市の錦鯉

笛吹市の錦鯉


from 鋤柄俊夫

甲斐善光寺

甲斐善光寺


from 鋤柄俊夫

2009年7月24日 (金)

甲府行き普通列車

甲府行き普通列車


from 鋤柄俊夫

武蔵へ

武蔵へ


from 鋤柄俊夫

2009年7月23日 (木)

スコップとつるはし

Ml_ts3h0029 恩師の森浩一先生の著書に『竹べらとペン』という題名の本がある
実は、この本の中に私が登場している
初めての登場である
今日、今出川で久しぶりに現場に入って
思わずスコとツルを握って
この本のタイトルを思い出していた
あれから30年
4年間のブランクはあるが
再びツルを手にとることになった
今出川で現場が始まっている
学部生も何人か参加するという
試験期間が終われば
今年はいつもより暑い夏がやってきそうだ
ただこれもまだ序章にすぎないが

2009年7月 6日 (月)

石井先生の水守の営所をめざす

石井先生の中世武士団によれば
将門にとって軍事拠点のひとつであった「水守の営所」は『将門記』の中に現れる
平国香(~935)亡き後の族長だった平良兼は
根拠地の下総から「流海」を渡って常陸に上陸し
「水守の営所」で弟の良正と甥の貞盛らと、将門を討つ策をねったという
石井先生は、この水守の営所を
おそらく国香がもっていた営所のひとつと推定している
河内源氏三代(頼信(968~1048)・頼義・義家)の本拠である壷井を見るときに、どうしても確認しておかなければならない場所のひとつといえる

まったく地理観の無い所故、インターネットで地図を何度も見てバス路線を調べ
結局バス乗り場の案内所で行き方を聞いたら
ちょうどそのバスがつくばセンターの3番バス乗り場から出るところだった
つくばテクノパーク大穂行きのバスで北へ向かう
途中、とてつもなく広いつくば大学を通過し
高エネルギー加速器研究機構の先で西へ曲がる
次の停留所は上沢、降りるバス停はその次の水守入口
ところがバスのアナウンスは全く別の名前を告げる
驚いて降車ボタンを押して運転席後の路線図を見るがわからない
親切な運転手さんがバス停の名前が変わったことを教えてくれ
小雨の中バスを降りる
すぐに道路の反対側に渡って帰りの時刻を見ようとしたら見あたらない
どうしようかと思ったがどうしようもないので
なんとかなるだろうと思いつつ北へ歩き始める

一面にひろがる常総台地
天気が良ければ前方に筑波山が見えただろうが
見渡す限り平坦な常総の畑地である
最近登り坂は苦手になったが、平坦なところはどこまででも歩いてゆける
遠くに見えていた水守の集落が近づいてくる
後で聞くと、つくばは芝の産地とのこと
霧雨にぬれた芝の緑が目に優しい
水守の集落は芝の畠に囲まれた古い大きな屋敷群
消防施設の前で地図を確認して集落の中に入る
小道を何度か折れ曲がりながらその先のこんもりとした林をめざす
鬱蒼とした茂みのなかに堀があるかと思ったら
その先に小学校が見えた
水守宿館跡である

石井先生の説明に従えば
現在の水守城跡は、中世後期の改変を経たものと判断されるが
自然的な地形にあまり大きな手を加えず、比較的単純なプランのもとに構築されている点で、かなり古い形式をのこしていると思われ、将門反乱の時の「水守の営所」と判断されている
現在、その中央に市立田水山小学校が建ち、グラウンドの北と南に円墳が残されている
石井先生の本の写真にある水守の石碑は、グラウンド北の古墳の裾に東を向いて建てられている
平面形は、直径がほぼ300メートルの円形近い形で
南の水守の集落との間にみえた鬱蒼とした窪地が空堀だった
ちなみにバス停から北へ続く道は、この館の西縁から北の縁をまわって
北にひろがる水田地帯につながっている

小学校ということで
まったく突然の訪問ではあるが
親切な教頭先生と校長先生に許可をいただき
城跡とその西に鎮座する香取神社をめぐる
教頭先生は奇遇もあって思わず話しがはずむ

正面に筑波山をいただき
東に桜川が流れる
館から見下ろす北の平野部は予想以上の比高差がある
壷井の館もかくありなんと思えるほど
会津坂下町の陣が峯城を思い出す
南の常総台地から続く風景は伊那の松尾城とも重なる
水源が豊富だったため
水利の源流をおさえる必要のない立地だったのだろうか
あるいは南をおさえる立地だったのだろうか
交通路はどこにあったのだろうかと思いながら
西にならぶ丘陵先端(ここにも前方後円墳)に鎮座する香取神社に壷井八幡を重ねる

河内源氏の本拠には
館と氏寺の通法寺と氏神の壺井八幡があり
石川の支流を見下ろす丘陵上に立地していた
国香が本拠とした「宅」は、この水守の北の石田だが
日本武尊の伝承を持つ湧き水に由来するこの地も
中世武士団の拠点として見るべきところが多く
まさに後ろ髪をひかれる思いで帰途につく
最先端の研究施設に隣接した場所に中世の世界が眠っている

水守へ

水守へ


from 鋤柄俊夫

2009年7月 5日 (日)

浅草が好きである

浅草が好きである
以前にも書いたが、善光寺と同様な縁起と特徴を持っており
中世に遡る歴史と
それ以上に、日本列島の歴史の中で最も由緒ある都市の特徴と言える
河川に沿った港湾都市であったことが一番

今日はそれに偶々オレンジ通りが加わったが
立地としては岡山の西大寺観音院と全く同じである
だから誤解を恐れずに言えば
浅草の賑わいは港湾都市の賑わいが源流にあるのではないかとも思う

栃木から帰ってきた時、交差点の向かいにある立ち食い蕎麦のお店に入った
いたって普通の立ち食い蕎麦のお店だが
その店のかき揚げが食べたくなって、翌日の朝もそこへ行った

もちろん有名な天ぷらやさんもある
すき焼きのお店もある
知人はスイートポテトの有名店があると言っていたが
プリンの小さな店を発見したとも言っていた

つくばエクスプレスに乗るために西へ向かっていくと
全国各地の繁華街のアーケード通りの原型のような風景が通り過ぎる
今日の山梨の研究会で、札幌の町作りと近世の町作りが話題になったが
浅草は、鎌倉時代の港湾都市を原型として
江戸時代にタイムスリップした後は
そのまま各地の都市の最も賑やかな場面の源流になったのではないだろうか

そう言えば河原町の賑わいにも
東海道の終点だった三条大橋と
伏見港につながる高瀬川の船入があった

2009年7月 4日 (土)

甲府へ

甲府へ


from 鋤柄俊夫

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »