« 石井先生の水守の営所をめざす | トップページ | 武蔵へ »

2009年7月23日 (木)

スコップとつるはし

Ml_ts3h0029 恩師の森浩一先生の著書に『竹べらとペン』という題名の本がある
実は、この本の中に私が登場している
初めての登場である
今日、今出川で久しぶりに現場に入って
思わずスコとツルを握って
この本のタイトルを思い出していた
あれから30年
4年間のブランクはあるが
再びツルを手にとることになった
今出川で現場が始まっている
学部生も何人か参加するという
試験期間が終われば
今年はいつもより暑い夏がやってきそうだ
ただこれもまだ序章にすぎないが

« 石井先生の水守の営所をめざす | トップページ | 武蔵へ »

遺跡の見方」カテゴリの記事