« 広い | トップページ | 平城宮 »

2009年9月23日 (水)

廻船式目

柏崎を過ぎる
高校を卒業するまでは長野市にいたから
新潟はなじみある場所で土地勘もあると思っていたが
距離と位置の関係がすぐに思い浮かべず右往左往
久しぶりに在来線の特急に乗って
しかも休日に旅に出るといつもと違った光景に出会うことに驚く
京都駅で乗ったサンダーバードは
旗を持った添乗員さんが声をあげて右往左往
金沢で乗り換えた時も
旗を持った添乗員さんが声をあげて右往左往
JTBの旗が見えたので
一瞬思知った人がいるかと思うが
今は楽洛キャンパスの秋企画の真っ最中だったことを思い出す
高田では団体さんは降りなかったが
まさかとは思っていはいたが
上越市総合博物館は30分待ち
東堀と西と北の松林と御北西の邸宅と南西の邸宅をメモしながら
高田にもどる
思えば数週間前にとある図屏風を目の当たりにしたばかりだった
春日山で降りて西へ
春日山城の麓を巡る監物堀跡に驚き
NHKの大河ドラマの影響力に驚き
親鸞の後を追って一宮から五智国分寺へ
直江津市内から見ると西のビル街の上に国分寺の三重塔の先が少し見えるように
そこは春日山城下から続く山麓地区
親鸞の上陸地点の掲示板の裏にあった梅原猛の言葉に頷きながら
親鸞の時代は浜だと
博多と堺と安濃津と大輪田に思いをはせる
国分寺を降りてしばらく団地の中を行き
信越線の間近で御館公園に着く
わずかに残った公園はその痕跡
至徳寺跡は信越線を越えた南側
ただしここも区画整理事業で痕跡は無い
駅を渡って関川まで行く
河口を遡ってすぐの支流際に港を築き
その背後にあったのが至徳寺
その先に御館と町場が軒を連ね、その奥に国分寺と一宮が鎮座していた
廻船式目に見る三津七湊には今町として登場する
中世後半を代表する港湾都市である
豊後府内を思い出す

ただし平安末期と北条氏より前は
浜に船を着けて上陸するようなところでもあった
それが大きく変わったのはやはり北条氏以降だろう
至徳寺の遺物は大分以前から注目されていたが
至徳寺の場所がこんなところとは
悔しいけれどこれも学びの途中
同じ思いを中条で降りて感じる
想像を超えた江上館の姿と遺物に驚き
鷲麻神社へ向かいながら、潟と川の奥山荘を思い描く

すぎのやの野菜天ざるはおすすめ
〆張鶴も

« 広い | トップページ | 平城宮 »

遺跡の見方」カテゴリの記事