« 丹後へ | トップページ | 熊本のこだわり »

2010年1月21日 (木)

丹波へ

今年の洛楽キャンパスで話をして現地も歩く予定の嵯峨野の先が丹波である
嵐山を気づかず通り過ぎ
保津峡の渓谷を途切れ途切れに見ながらトンネルを抜けると
一気に空が広がり亀岡の盆地に出る
タヌキの置物が並んで出迎え

中村直勝先生は
嵯峨天皇が愛した嵯峨の地の背景には、神仙思想につながる丹波の丹があったとした
森浩一先生はとばつびしゃもんてんに丹波を重視した政治の姿を見る
確かに
豊かな大地を持ち、京都のすぐ背後にありながら
それほど京都からは意識されることがないものの
その気になればあっけなくほどすぐに京都にでることができる
亀岡に亀山城下を築き、老ノ坂を駆け下りた明智光秀の動きもなるほどと頷けるところだと思う

仕事柄各地へ旅することが多い
基本的には公共の交通機関を使う
列車の中で景色を見て、地形を観察して、集落の配置を確認し、道と川に目を配る
たくさんの異なった情報を頭の中で再構築する
できれば現在の場所を相対化するために
地図も一緒に見るのが良い
最近はデジタルマップが普及しているからそれも使い
携帯のgps連動マップを使う時もある
今まで解けなかった謎の手がかりが得られたり
新しい発見もそんな時にうまれることがある
そういう意味では列車の中がもうひとつの研究室だと言えることにもなる
園部は森浩一先生が調査をした古墳のある場所でもある
なぜここでそんな古墳が築かれたのか
亀岡から綾部の間の風景を頭の中に再構築しながら考えをめぐらせる
丹後を含めた丹波は
東海とも強いつながりをもっている
崇神天皇が全国に覇権を示すために選んだ地のひとつが丹波だった
丹波には一体何があったのだろうか

帰りはHさんと一緒
すっかり暗くなって外は何も見えないが
これからの新しい活動についての四方山話に花が咲く
実はある研究会は
数年の前のこの情景の中から生まれた
また新たな企画がこの情景の中から生まれる予感がする
列車の旅は
そんな楽しみもある

« 丹後へ | トップページ | 熊本のこだわり »

夢告館」カテゴリの記事