« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

いよいよ

暑い夏になりそうですね

カントクが言った
思えば
2008年の12月にあった1本の電話が物語りの始まりだった
なんどか脚本を書き直し
なんども本読みをして
あちこちの劇場を見て回り
立ち稽古とリハーサルを繰り返してきた
万全の準備はできないが
最善の準備はできたと思う
そうか
いよいよ幕が開くのか
確かに暑い夏になりそうだなあ
しっかり見ていてくれ

カントクにこたえた

2010年6月25日 (金)

塔之段町

塔之段町


from 鋤柄俊夫
同志社大学 文化情報学部
http://tsukigar.doshisha.ac.jp/

2010年6月21日 (月)

大いに学ぶ

森先生の文庫が春日井市に出来る。
この10月がオープンである。
今日はその準備で勝川へ。
その行きと帰りの列車の中で、佐藤進一先生の『足利義満』(平凡社ライブラリー)を読み、大いに学ぶ。

2010年6月16日 (水)

第8回考古学と中世史シンポジウムご案内

中世人のたからもの-蔵があらわす権力と富-

7月3日・4日
帝京大学山梨文化財研究所

7月3日
1200 受付開始
1300 あいさつ
1310 問題提起(中島圭一)
1、たからものと蔵
1330 平泉の蔵と宝物(八重樫忠郎)
1410 王権と権門の宝蔵とその内実(高橋一樹)
1500 中世後期の「財産」とたからもの(田中浩司)
2、蔵のはたらき
1540 都市の蔵と館の蔵(鋤柄俊夫)
1620 蔵と有徳人(湯浅治久)

7月4日
3、蔵のすがた
1000 絵画史料に描かれた蔵(藤原重雄)
1040 中世鎌倉の倉庫(鈴木弘太)
1120 戦国末期における畿内の城郭と蔵構造建物(山上雅弘)
1300 土豪の家材目録に読む蔵と財産(萩原三雄)
1320 錠前と鍵(小野正敏)
1340 討論(浅野晴樹・中島)

2010年6月11日 (金)

県立博物館

歴博での研究会の後、千葉県立中央博物館を訪れる
千葉寺からあるいて約10分
文化ゾーンに設けられた総合博物館

各地の博物館のことをあれこれ思い出す
北海道は開拓記念館と函館、上ノ国、札幌市、青森は郷土博物館と三内丸山と五所川原と浪岡と十三湊、秋田は県博と秋田城、岩手は県博と平泉と胆沢城と志波城、宮城は多賀城と仙台城、福島は県博と三春町、茨城は県博と土浦、山形は米沢と鶴岡
栃木はまだ
群馬は県博の遠い記憶が少しだけある
長野は各所、千葉は中央博、東京は葛西と新宿と江戸と府中と昭和館と、神奈川は県博と横浜市と金沢と鎌倉、山梨は県博、新潟は県博と上越、静岡は伊豆の国市と静岡市と磐田市
富山は県のセンター、石川は県博、福井は県博と一乗谷、滋賀は多賀町と東近江市と安土と県博と大津市と安曇川、三重は県博と鈴鹿、愛知は県博と瀬戸市と名古屋市、岐阜は土岐、多治見、瑞浪
奈良、大阪、和歌山、京都、兵庫は各所、鳥取は県博と倉吉と梨と米子、島根は県博と益田、岡山は県博、広島は県博、山口はセンターと土井ヶ浜と下関市、香川は県博、徳島は県博、愛媛は県博と湯築城、高知は県博
福岡は各所、大分は県博と大分市、佐賀は県博と名護屋城と陶磁文化館、長崎は県博、熊本は市博、鹿児島は県博と市博と隼人町
沖縄は埋文センター
まだまだ行ってないところが多い

2010年6月 8日 (火)

2010年度中世都市研究会のご案内

2010年度中世都市研究会「都市のかたち―権力と領域―」
のご案内
期  日:2010年9月4日(土)・5日(日)
会  場:平泉温泉元湯ホテル武蔵坊(岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢)
JR平泉駅より徒歩10分
主  催:中世都市研究会(代表:五味文彦・小野正敏・玉井哲雄)
後  援:岩手県教育委員会、奥州市教育委員会、奥州市、一関市教育委員会、平泉
町教育委員会、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、
奥州エフエム放送、ICN一関ケーブルネットワーク、岩手日報社、岩手日日新聞社、
胆江日日新聞社、河北新報社盛岡総局、読売新聞盛岡支局
参 加 費:5,000円(『中世都市研究最新号―都市を区切る―』と資料代を含む)
当日、受付にてお支払いください。
懇 親 会:平泉元湯ホテル武蔵坊 会 費5,000円
宿  泊:平泉元湯ホテル武蔵坊 宿泊費6,000円(相部屋:朝食付き)
以外の宿泊場所をご希望の方は、各自でご用意ください。
昼  食:平泉元湯ホテル武蔵坊 昼食費1,000円
申し込み方法:電子メールまたはファックス、郵送にて、下記の事項を記入の上、8
月10日までにお申し込みください。書籍販売を行う方も同様に願います。
(1)     氏名 (2)住所 (3)メールアドレス (4)所属
(5)懇親会の出欠 (6)宿泊の有無 (7)昼食の有無
(8)前泊・後泊の有無 (9)前後見学会参加の有無
【電子メールの宛先】toshikenkyu@gmail.com(申込専用)
【ファックス番号】0191-46-2875(八重樫忠郎宅)
【郵便の宛先】029-4102岩手県西磐井郡平泉町平泉字志羅山1-1
平泉大会事務局 八重樫忠郎
プログラム
9月4日(土)
見学会(前期)
10:00 平泉駅集合出発
10:05 柳之御所遺跡の見学 案内:玉井哲雄(国立歴史民俗博物館)
10:25 大師堂の12世紀の石仏と周辺の経塚見学
10:50 白鳥舘遺跡見学
11:40 衣川遺跡群見学
12:10 昼食
第1部 東北地方の都市のかたちと領域
12:30      開場  司会進行:井上雅孝・鈴木弘太
13:00~13:30 問題提起       小野正敏(人間文化研究機構)
13:30~14:10 平泉という領域    八重樫忠郎(平泉町)
14:10~14:50 平泉藤原氏・鎌倉幕府と奥羽領国-「都市」・「都市的な場」と
の関係をめぐって-七海雅人(東北学院大学)
14:50~15:00 休憩
15:00~15:20 コメント       大石直正(一関市博物館)
15:20~16:00 11世紀の出羽     高橋学(秋田県教育委員会)
16:00~16:40 11~12世紀の陸奥国府と府中  
古川一明(多賀城跡研究所)
16:40~17:00 コメント       入間田宣夫(東北芸術工科大学)
18:00~     懇親会
9月5日(日)
第2部 列島の都市のかたちと領域
司会進行:羽柴直人・岡陽一郎
9:00~ 9:40 都市領域と経塚     村木二郎(国立歴史民俗博物館)
9:40~10:20 中世前期の京都     美川圭(摂南大学)
10:20~10:30 休憩
10:30~11:10 平安京の再開発と「新都市」白河・鳥羽殿の設定と展開
百瀬正恒(京都光華女子大学)
11:10~11:50 成立期鎌倉のかたちと領域  秋山哲雄(国士舘大学)
11:50~12:30 博多の都市領域と境界   大庭康時(福岡市教育委員会)
12:30~13:20 昼食
第3部 討論
13:20~15:00 討論   司会進行:飯村均:柳原敏昭
15:00      まとめと閉会      五味文彦(放送大学)
*9月6日(月) 希望者には、平泉遺跡群や骨寺村荘園遺跡をご案内いたします
(後期見学会)。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »