京都

2010年8月29日 (日)

公経の夏

 説明会が開催された松田遺跡は、大山崎中学校と小泉川にはさまれた場所にあたり、すぐ南には名神高速道路の巨大なインターチェンジが見える。
 その時の調査も含めて、この遺跡が京都盆地最大の古墳時後期の集落だとわかっており、今回の調査もそれに関係した遺構の発見が期待されていた
 話は少し脱線するが、あの継体大王の宮として伝えられているのが、楠葉と乙訓と筒木。このうち楠葉と筒木については、それぞれ枚方と京田辺に推定地がある。乙訓がわからないままだったが、松田遺跡の古墳時代の様子をみれば、そこが小泉川の河口にあたることもあわせて、候補になる可能性がある
 いずれにしても、すぐ西が奈良時代から交通の要衝として知られていた山崎である。ゆっくり歩いて三〇分ほどだった。山崎の成立には、松田遺跡の存在があったと考えられる。
 その松田遺跡では、東に隣接する大山崎中学校地点の調査で一二世紀の集落がみつかっていたが、今回は一三世紀代の集落が見つかった。
 白磁の合子や青磁の梅瓶、白磁の碗、青磁の碗など中国製品も多い。密集してみつかった柱穴は、松山市の石井幼稚園遺跡を思い出させる。生活感が乏しいようで、出土遺物も含めて川湊に関係する集落と考えるのが妥当だろう。
 なんといっても場所が場所である。すぐ北西には近世の西国街道がはしり、南には久我畷がはしる。
 北西には八角という交差点があり、北西へ進めば丹波道。小泉川を遡れば、奥海印寺の館跡。そして南東は淀である。
 こんな良い場所をあの公経が見逃すはずが無い。
 遺跡の西にある円明寺である。
 円明寺が史料に初めて登場するのは康平五年(一〇六二)の忠覚譲状案で、公経との関係は寛喜二年(一二三〇)六月二一日状に見える。この時、藤原定家が西園寺公経とともに円明寺をおとずれている。公経はその後も何度か円明寺をおとずれ、寛喜三年(一二三一)二月二七日には、公経の娘婿である九条道家も方違えにおとずれている。
 それが縁であるかどうかはわからないが、その後円明寺は公経から道家に譲られ、さらに道家は四男で一条家始祖の実経に譲っていることが、建長二年の九条道家初度惣処分状にみえる。ちなみに実経は弘安七年(一二八四)に亡くなっているが、その二ヶ月前に円明寺で叡尊から受戒をしている。実経の通称は円明寺殿だった。
 周知のように叡尊は西大寺流律宗を代表する人物で、その教団は全国の交通の要衝に足跡を残している。その点でここに叡尊が登場するのは偶然ではないと思う。
 さらに時代は一遍の時代である。聖絵に描かれた淀を見直す必要がある。
 公経を追いかけて円明寺へのぼる。ちょうど遺跡を出て真西まっすぐ延びているみちを行った先である。西国街道をわたり、信じられないようなところで線路をくぐり、低い段丘崖を上って、天王山の山麓が間近に迫ったところに着いたら、そこがあの円明寺である。
 付近には薬師前・大門脇・御所前などの地名があり、御茶屋池は山荘苑池の遺構と伝える。かなりの難工事で築いたため池で、たとえれば金閣寺型。あるいは大覚寺か徳大寺か。神戸市のこうげん寺もこんな姿だったのだろうかと思いを馳せる。
 堤にのぼって南をみれば、正面が淀で、その左手が伏見、男山は見えない。おそらく鳥羽も見えただろう。もちろん久我畷も山陽道も一望。京都の出入りをおさえ、三川合流地点をみおろす絶好のロケーションである。やはりすべては淀につながるのである。
 円明寺川とも呼ばれる小泉川は、円明寺の東前面を北西から南東に流れる。淀川との合流地点は狐河とも呼ばれ、藤原為家の七社百首に「とにかくに人の心のきつね川かげあらはれん時をこそまて」と登場。
太平記巻九の山崎攻事付久我畷合戦事には
「元弘三年(一三三三)四月の六波羅攻めに際し、結城九郎左衛門尉親光は三百余騎にて狐河の辺に向かい、狐河の端より鳥羽の今在家まで、その道五十余町が間には、死人尺地もなく伏せにけり」と記す。そして天正一〇年の山崎の合戦では、円明寺川が明智光秀の防衛戦になった。
 円明寺村は、明徳三年(一三九二)一二月二六日付けの足利義満袖判御教書によれば
「八幡宮大山崎内、東限円明寺、西限水瀬河、依為日使大神事等重役神人在所、自往古以来惣所不勤公方課役也」とあって、円明寺村が大山崎神人のすむ村の東端で、公方課役を免除されている。後の史料にも山崎神人との領有入組のあったことが記されている。
 山崎を中心に水無瀬川から小泉川までの範囲で営まれた淀川流通の重要地点だったにちがいない。

 円明寺殿と呼ばれた一条実経は、一条家の祖で貞応二年(一二二三)に生まれる。九条道家の四男で、母は西園寺公経の娘の淑子。長兄は夭折し、次兄の良実と道家は不和で道家は実経を愛した。
 後嵯峨天皇から後深草天皇に譲位の時に関白の良実にかえて左大臣だった実経を摂政にしようとしたが良実がこれをこばんで確執がうまれる。結局その後実経は関白、摂政となったが、道家の三男の頼経が鎌倉を追われると、道家は政治生命を失い、実経も摂政を罷免。実権をにぎっていた良実と和解することで復帰。
 ちなみに仁治三年(一二四八)に父から一条室町邸を譲られたことで、一条家の祖となった。

 公経の足跡は確実にここにもあった。摂氏35度の中で水無瀬のヒントを見つけた。

2010年3月15日 (月)

京都観学研究会本でました

京都観学研究会『大人の京都修学旅行 京の常識事始』刊行

本学と(株)JTB西日本が人文科学分野での産学連携として実施している、寄付教育研究プロジェクトのひとつ「京都観学研究会」が、2010年3月4日、書籍『大人の京都修学旅行 京の常識事始』を刊行した。この書籍は、京都観学研究会があらゆる世代の学習意欲に応えるべく企画している講座プログラム「楽洛キャンパス」の講座記録をもとに作成したもので、“京の心 平安の暮らし 源氏物語”をキーワードに、知的な京都を楽しみながら学んでいただくことができるのが特長。本書により、「大学+旅行会社」ならではの、これまでにない「京都観学」という新しい京都の楽しみ方を紹介している。

同志社大学ホームページからの引用です

京の鎌倉時代をテーマにして、小野篁伝説について書きました

2010年3月13日 (土)

楽洛キャンパス春の巻

今年は二日連続の企画
土曜日は「離宮の風景Ⅱ」を講義した後に、午後は山越から嵯峨野へ
広沢池から大沢池をめぐり、森先生の本に導かれてお松明会の準備で慌ただしい清凉寺へ
橘俊綱の作庭記を手がかりに
伏見山荘の原型と完成形を嵯峨院と遍照寺に探った

日曜日は井上先生とコラボで
上京の歴史と仏像をたずねて
丹後で味わった数日前までの寒さもゆるみ
ようやく春の日差し
お水取りも終わり
春がやってくる

2010年2月22日 (月)

26番に乗って

楽洛キャンパスの準備で広沢池へ向かうために
市バスの検索ページをみたら、京都駅から26番に乗るとある
おそらく初めての乗車で、駅前の乗り場の場所もわからない
なんとか乗ると、バスは烏丸を北上し、一路四条へ
四条から西へまがって、バス停は交差点からだいぶ離れた室町の近く
京都駅から四条までならば、ほとんどの人は地下鉄を使うだろうから良いのだろう
四条通を西へ
ここまではなんということもないコースだが
ここから先は、知る人ぞ知る京都の有名観光地巡りとなった

四条大宮をすぎて間もなく南に見えるのが隼社(はやぶさのやしろ)
『三代実録』の貞観2年(860)に登場し、『延喜式』には「京中坐神三座」のひとつとして記さ、朱雀院内に祀られた神社と考えられている。後にに左京四条坊内坊城小路に移され、さらに大正9年(1920)に元祇園梛(なぎ)神社に並んで祀られた。

新撰組で有名な壬生寺は
さらに院政期にさかのぼる由来もある壬生寺は
見えないけれどもそのすぐ南
新撰組にあこがれて京都にきた人は
近隣の新撰組にちなむ雰囲気に堪能しながらも
あれほど有名な壬生寺が
意外にも現在の京都の中心部から離れていることに驚く
三条河原町へ出るには
大宮まで歩いて、阪急で二駅乗って、さらに京阪で一駅である

すぐに嵯峨野線をくぐる
その手前の細い通が千本通で
世が世ならば朱雀大路のメインストリート
そう言えば鳥羽の小枝橋の石碑にも千本通の文字があって
そこが平安京の中軸線とその延長だと気づく
京都には、そんな土地の記憶がいたるところにあることが面白い
嵯峨野線をくぐった先の北の大きな工場が朱雀院跡
面積8町といえば約9万平米を超えた巨大な後院(天皇の別宮)
嵯峨天皇皇后の橘嘉智子が居所とし
寛平8年(896)の新造後は、宇多・朱雀上皇が後院とし醍醐天皇の行幸も多かったという
平安宮に次ぐ、平安京の重要地点がここにあったことになる
四条の右京である
よく言われるように、右京が単純に衰退したと考えられない証拠のひとつである

朱雀院の石碑は、以前は会社の柵の向こうにあったが
今はその部分だけ柵が取り払われて
代わりに透明のアクリル板になっていた
源氏物語効果なり
そしてこのすぐとなりにあの池亭記に登場する源高明の邸宅があった

四条を西大路で北へ曲がるとき、かならず信号待ちをする
その時に北をみれば淳和院跡の碑がある
別名を西(さい)院といい、淳和天皇の後院だった。
一緒に建つ西院之河原の石碑は、天神川の氾濫で荒廃して河原となったことに由来すると伝わる

西大路をずんずんと北へあがる
烏丸を中心に生活をしているものにとって新鮮な風景がつづく
嵐電をすぎ北野白梅町に近づいたところで
こんなところをまがるのかと思うような狭い道を西へ入る
しかし実はこれが平安京の北の境となった一条通
すぐ東が大将軍の商店街
わが上京区の西の境でもある

バスはせまい一条通を西へ逝く
バス停の名称に等持院の南とある
さらにその先には妙心寺の北門が近づく
その向こうの京福電車の妙心寺の駅が西京極大路だから
バスは、平安京の北西の隅から京外へ出て行くことになる

そんな平安京の余韻に浸る間もなく仁和寺の門前へ
現在の京都会館から動物園にかけての一帯に白河天皇が
六つの勝の字の付く寺を造営はじめた前
実はこのあたりに4つの円の字のつく寺が建てられていた
円融天皇御願の円融寺は永観元(983)年に落慶供養
一条天皇御願の円教寺は長徳4(998)年に落慶供養、母は兼家の娘詮子
後朱雀天皇御願の円乗寺は天喜3(1055)に落慶供養、母は道長の娘彰子
後三条天皇御願の円宗寺は延久2(1070)に落慶供養

今はその痕跡を見ることはできないが
時代は道長の時代である
白河天皇の発想の原点
白河天皇がなにを使用としたかをうかがうことができる寺群として重要である

観光客があふれる仁和寺の門前でもかならず信号待ち
すぎれば福王子神社
祭神は宇多天皇の母で光孝天皇の后班子女王。
仁和寺の鎮守ともされるが、当地の産土神
この交差点を北へ曲がれば高尾の神護寺と高山寺
背後にも平安時代の由緒がひかえていた

そしていくつかの登りと下りを経て山越へ
南には嵯峨野古墳群のひとつである音戸山
その先はすぐに広沢池
そして大覚寺と清凉寺
したがってかつての一条大路の後裔である一条通は
平安京を出ると、等持院、妙心寺、仁和寺、大覚寺、清凉寺に面して
その先に、二尊院と祇王寺、そして化野念仏寺まで
吉田神社を基点として、とても有名な京都の名所をつなぐ線だったことになる
そして市バスの26番は、そのうちの西側半分をめぐるルートをたどっている
京都駅から約50分
誰が考えたか知らないけれども
おすすめの市バスルートである

2010年1月26日 (火)

平安京・京都研究集会 第19回 御案内

平安京・京都研究集会では、「検証 考古学が明らかにした古代・中世の京
都像」と題する一連の企画を催すこととしました。近年刊行された、京都の考
古学にかかわる3冊の論集を順次とりあげ、連続書評会をおこないます。これ
らの研究集会によって、考古学を中心とする京都研究の成果を確認するととも
に、今後の研究の課題を見出すことができれば幸いです。
第19回は、そのうちの第1回として、鋤柄俊夫著『中世京都の軌跡』(雄山
閣、2008年)をとりあげます。同書で鋤柄氏は、11世紀から16世紀までの京都
内外のさまざまな歴史事象に注目し、多角的、学際的に都市京都の特色を解明
しようとしておられます。研究集会では、権門都市論、室町幕府論などの視角
や、考古学の方法論をめぐって議論したいと考えています。

日時:2010年2月28日(日) 13:00~17:00

会場:機関紙会館 5F大会議室
京都市上京区新町通丸太町上ル東側。日本史研究会事務所の建
物 
            市バス「府庁前」バス停すぐ。
地下鉄「丸太町」駅下車、2番出口より西へ、2筋目を北へ。
徒歩6分
http://homepage2.nifty.com/kikanshi-keiji/kaizyou.html

   報告(評者);美川 圭氏(摂南大学、日本中世史)
桃崎有一郎氏(立命館大学、日本中世史)
山本雅和氏((財)京都市埋蔵文化財研究所、日本考古
学)
コーディネート;仁木 宏氏(大阪市立大学、日本中世史)

*事前の申込不要。一般来聴歓迎。
*当日、資料代をいただきます。

主催  平安京・京都研究集会
電子メールにて開催案内が必要な方は、事務局(山田、
FZK06736@nifty.ne.jp)までその旨、お聞かせください。
集会案内のHP http://ucrc.lit.osaka-
cu.ac.jp/niki/kenkyu/staff.html
後援  日本史研究会

問合先  平安京・京都研究集会事務局(山田方) 090-9697-8052

本シリーズの第2回では、堀内明博『日本古代都市史研究』(思文閣出
版)、第3回では、山田邦和『京都都市史の研究』(吉川弘文館)をとりあげ
る予定です。

鋤柄俊夫『中世京都の軌跡-道長と義満をつなぐ首都のかたち-』雄山閣、
2008年
序章 慶滋保胤の意図
第1章 分裂する都市-鳥羽殿の意味-
1 京の外港
2 鳥羽殿
第2章 再生する都市-上辺と下辺-
1 七条町と八条院町
2 西園寺公経と持明院殿
第3章 主張する都市-「首都」の条件-
1 花の御所を掘る
2 洛中洛外図の発掘調査

2009年8月24日 (月)

秋の気配

秋の気分

from 鋤柄俊夫
同志社大学 文化情報学部
http://tsukigar.doshisha.ac.jp/

2009年6月 1日 (月)

上京さんぽ

上京さんぽ
上京歴史探訪館のホームページがまもなくリーニューアルされます
工学部の金田先生の院生チームががんばってくれて
これまでのコンテンツに加えて
より親しみやすく上京の魅力を身近に感じられるものになっています
ご期待ください

from 鋤柄俊夫

2009年4月23日 (木)

初めての臨光館

初めての臨光館
比叡山が近い

もうすぐ
この比叡山を見上げながら
現場が始まる

from 鋤柄俊夫

2009年4月12日 (日)

春爛漫

京都は春爛漫です
新入生の皆さん
京の春をぜひ満喫してください
Toji Tetu02 Nishida Tetu01 Niijima

2008年8月15日 (金)

続続・伏見の中世

一人で伏見をまわると言ったら
夏休みで坂東の田舎から帰ってきた家の者(小)が
「理解不能」と言って仰け反ったが
LISMOにbluetoothをつなぎ、松任谷由実の「緑の街に舞い降りて」を聞きながら
ご機嫌で灼熱の伏見へ向かう
頭の中だけではこれ以上の進展が望めないとなったなら
とにかく現地に行くべし
現地に行けば必ず突破口が開けるもの

中世の伏見を語るときに注目される寺院のひとつが即成院
ある時は伏見寺とも呼ばれ、また即成就院とも呼ばれた
平等院鳳凰堂で有名な藤原頼通の子の橘俊綱が伏見に邸宅を建て
そのそばに建てたのが即成院とされている
この寺の研究は、瀬田勝哉さんの「伏見即成院の中世」『武蔵大学人文学会雑誌』36巻3号に詳しいので、まずはそれに学びたい

現在の即成院は泉涌寺惣門脇におかれているが、秀吉の伏見城造営によって、当初の場所から大亀谷寺町に移され、明寺の廃仏毀釈によって衰退した後の場所であるという
「那須与一ゆかりの寺」としても有名
なお、「看聞日記」にも多く登場するため、中世には貞成の館の近くにあったとも言われる

『拾芥抄』によれば、伏見寺は即成院で俊綱朝臣建立と記す
ただし、瀬田さんは、この記事は必ずしも正確ではなかったと言う
『中右記』によれば、元永2年(1119)に宗忠が日野の法界寺へ行った帰りに、故伯耆守家光妻の臥見堂へ寄り、その寺は「来迎引接」の様子が備わった仏と堂のつくりで、その仏は故俊綱がつくったものだが、俊綱は寛治7年(1093)に自分の邸宅の臥見邸が火事に遇い、その後、子の家光も伏見を継いだものの十分な供えができなかったものを、家光の妻が堂を造り整えたものという

また、中原康富の日記によれば、その場所は旧来の推定どおり
六地蔵から伏見坂を登った先の、乃木神社周辺と横井さんは言う
なにが頭の中で先へ行くことを止めているかと言うと
この伏見寺と伏見殿の関係がよくわからないこと
それから伏見九郷の場所も

桃山御陵で降り、御香宮を左に見ながら大手筋を東へ登り
明治天皇陵の参道に入ってまもなくの辻を北へ折れる
長岡京の次に平安京を開いた桓武天皇の陵はその先にある
嵯峨天皇の陵は大覚寺の北西の丘の上にあり
数年前の授業で行ったが、桓武天皇陵は行く機会がこれまで無かった

戻ると、その先が乃木神社である
明治天皇陵参道からひとつ段丘が下がり、さらにもうひとつ下がる途中にあたる
最初の目的地は即成院だったが
光明山陵の場所の先入観があって
乃木神社の西を南へ降りて線路をくぐる
大光明寺陵には以前に全く偶然訪れたことがある
桃山から江戸町へ降りようとして道を探して団地の中をぐるぐるまわった時のことだった
あらためてその目で見れば
伏見殿の推定地としてふさわしい場所だと思う
伏見殿には上下の御所があったと言うが
義満の室町殿も北山殿もそれらは隣接してあったため
この場所に上下の御所があっても良いと思う
そのまま西へ観月橋団地を通り市営桃陵団地を越えて伏見松林院陵へ
今回は新撰組まで手をのばすつもりはないので中書島へ

墨染で降りて藤森神社へ
東へ行けばJR藤森から大亀谷
神功皇后の伝説(旗塚)と清水(不二の水)をもち
大将軍と八幡宮社は足利将軍に由来する重要文化財
伏見の古代はここからはじまる
この踏査の大元である伏見稲荷に挨拶をすませ
JR線で京都駅へ
14時からの会議の後
約束していた三条の古書店へ
どうしても見ておきたい場所があって再び京阪で伏見へ

伏見の地形は非常に複雑であるが
線路を基準にすれば大きな整理はできる
一番低い場所を走っているのは京阪電車
おおむね伏見街道(大和大路・琵琶湖疎水)に対応するように三条から南下し
丹波橋から近世伏見の街の南を迂回するように中書島へすすみ
そこから分かれた宇治線も宇治川沿いを走る
近鉄電車は竹田街道に対応するように伏見を通過し、豊後橋を渡る
この京阪電車の伏見桃山かと近鉄電車の桃山御陵で降りて大手筋を東へ行くと
緩やかな上り坂で御香宮に着く
伏見の地形は、まずこの京阪電車の西の低地と御香宮から東の台地でふたつに分けられる
御香宮からさらに東へ進むとJR奈良線の踏切と交差する
JR奈良線は、久津川車塚も椿井大塚山もそうだが
南山城の低地と丘陵部の境を走っている
伏見についても同様で
線路の東に高い崖を見ることができる
したがって、伏見の地形は、御香宮からJR線までの台地と、その先の台地でも分けることができる

再び明治天皇陵参道から乃木神社への道に立ち
伏見坂につながる小道を見て
あらためて参道への道を見上げ、急な坂を伊賀団地へ降りる
外環へ出ると、すぐ目の前を京阪電車が走り山科川が流れる
豊後橋へ向かって歩き始めると
江戸町の谷がわかる
伏見寺直下の村と言われるが
当時、宇治川本流はもっと南を流れており
今の風景とは大分違ったはずだが

大光明寺陵の真下にくると再び宇治川が山にせまる
豊後橋から御香宮までもどり
さて、伏見の中世とは
伏見宮貞成 後崇光院の墓所はなぜ松林院なのか
御香宮が産土神としたときの中世村落の配置はどうなるのか
御香宮の石庭

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー